180114 鍋倉山で遭対訓練【1月例会山行】
- 2018/01/22(Mon) -
メンバー:CLコゴドン、ナベブタ(講師)、にしやん、しーな、mkuma、ゆーき(記録)

記録
8:45 温井集落発
11:20 ガッカリバーン途中
12:00-14:30 訓練
15:00 温井

他パーティは小屋前を通って行ったので、
小屋以降はずっとラッセルできました\(^o^)/
平地で膝、斜面だと腿まで埋まりました。
苦労して登ったのに降ったばかりの雪が深すぎて全然滑らない。。。

【訓練シチュエーション】
・4人パーティ(コゴドン、ゆーき、しーな、mkuma)が滑走中に前方斜面で雪崩発生
・別パーティ3人のうち2人が埋没、1人(にしやん)が助かって4人パーティへ救助を要請
・5人でセルフレスキュー

【反省点】
・2次災害を防ぐため必ず見張りをつける
・まずは助かった1人に状況(人数、雪崩の場所や規模)を確認する
・距離が10mを切るまでは一気に下りてよい
 (40m地点でビーコンばかり見ているとタイムロス)
・残留物に注意する(残留物より上に埋まっている可能性は低い)
・ビーコンのあと必ずゾンデで場所を特定する
・途中でわからなくなるのでゾンデは抜かない
・掘り出しは1人ずつ確実に(気道確保まで)
・頭の位置を確認してから掘り進める
・体全体を掘り出すのは引っ張り出せる空間を作り、ツェルトを用意してから
 (外気温で冷える、圧迫が急に解けるとショック状態になる)
・全員がビーコンの使い方、掘り出し、梱包の流れを熟知していないとひっちゃかめっちゃかになる。。

あとは埋没体験(恐怖)、梱包、搬出をしました。
・半身サイズの銀マットを持っていると梱包やビバークで使える
・梱包の時にザックやマットを敷かないと超寒い
・足をしっかり包まないと、搬出するときに傷病者の足が雪まみれになる

なんとなく知っているだけでは上手くいかないもんですね。。。
梱包&搬送はオールシーズン使えそうです。
講師ありがとうございました。

講師からのアドバイス
・ロールプレイは真剣にやらなければいけません。
・目撃者の証言をよく聞いて、デブリや残地物を確認して埋没点を予想する。
・50mぐらいのところでうろうろしていないで埋没予想点まで走る。スキーを脱ぐ(脱いでない)。
・ビーコン捜索者は1-2人で充分かとおもいます。(今のは性能がよいので)(今回はビーコンに集中しすぎ)
・ビーコンはストラップをめいっぱい伸ばして体から離して操作した方がよいです。
・ビーコンを振る早さが皆さん早い。水平かつ止めながら測位しないと正しく計算してくれません。
・1~2名は捜索開始後アバランチプローブをすぐ用意して(今回していない)、1mを切ったら荒ゾンデします。
・のこりの人は捜索開始後スコップを準備する(今回していない)。
・ビーコンが1m以下になればビーコン捜査を十字法に移ります(なかった)。
・うまっている物が人体だからピンポイントまで追求せずに、今回のように荒ゾンデでよい。
・ゾンデ操作は垂直に。(斜めに刺していた)当たったらそのまま刺しておく。

1506893217_214.jpg
小屋に人がいなかったのかな?
いつもはガイドブックのルートは通行禁止なのよ^^;

1506893217_108.jpg
軽くツェルトでくるんで埋没体験

1506893302_210.jpg
梱包やビバーク用に小さいマットを携行していると○

1506893302_104.jpg
シーズン前に例会でやっておけばよかった

1506893217_94.jpg
焼き芋入りぜんざい食べて休憩
この記事のURL | 毎月・例会山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
171230-0101_霞沢岳西尾根
- 2018/01/08(Mon) -
メンバー
しらびそ山の会 CL:Tさん、Kさん、Wさん、Hさん
伊那山仲間:Mさん
R&B:ゆーき

12/30 【快晴】
7:30      沢渡駐車場(冬季無料)
        予約しておいたタクシーで釜トンネル入り口まで移動(20分)
8:15     釜トンネル 
9:20     西尾根取りつき
12:15    ジャンクション 幕営
夕食は鍋と〆のラーメン

12/31 【曇り 10時ごろから雪】
3:00     起床 α米の雑炊
5:00     出発
7:00     岩場通過 ロープ固定&フリクションノットで通過
7:35-50   霞沢岳
9:30-10:15 幕営地 テント撤収
11:30    西尾根取りつき地点で幕営
お汁粉、FDパスタ、マッシュポテト、ソーセージ

1/1 【雪】
4:00     起床 お雑煮
5:45     出発
6:40     釜トンネル入り口 タクシー移動

坂巻温泉の駐車場は宿泊客でいっぱいだろうとのことで、沢渡からタクシーを使いました。
最速で7時に来てくれます。
人数が多い場合は1台でピストンになるそうですが、
たまたま他のお客さんを送ってきた同会社のタクシーがきたので乗せてもらいました。

釜トンネル入り口で計画書を提出し、トイレを借りて出発。
ヤマレコにお勧めルートとして掲載された影響か、
霞沢岳が例年になく賑わっているようでした。

1日目は晴天の中、焼岳や穂高を眺めながらの急登。
笹が埋まっていたので割と歩きやすかったです。
今回はトレースばっちりで簡単に行けましたが、
自分でルーファイ&ラッセルすると、もっと難しかったのだと思います。

ジャンクションの幕営適地には既に数張のテントが…
ジャンクションでぶつかっている別の尾根を3分ほど下った所を整地して幕営しました。
風が当たらなくて良い場所でした。
ルート沿いに15分ほど登った左斜面にも張れる所があったそうです。

2日目
10時ごろから天候が崩れる予報なので5時に出発。
トレースがついているので暗いうちから行動開始できました。
風は比較的穏やかで、穂高連峰や乗鞍などの展望を楽しめました。
2500m付近の岩場では念のためロープを張ってもらいました。
フリクションノットで通過
下りはクライムダウンでも行けるそうですが、
アイゼン歩行に慣れていない人もいるので懸垂下降で。
残置スリング+バックアップのため岩角にスリングを追加(最後の人が回収)
ロープは50m1本で足りました。

時間に余裕があったのでテントを撤収して下山。
トンネル付近でDOCOMO携帯が通じたのでタクシーを予約。
登頂祝い&年越しのプレモルで乾杯しました。

冬山にあまり慣れていない&二つ玉低気圧の接近でかなり心配していましたが
強いリーダーに引っ張っていただき、無事に登頂できました。
テント泊は楽しいなぁ。
自分で計画できるように、もっと冬山の経験を積みたいと思いました。

20171231_073925.jpg

20171230_092632.jpg

20171231_070934.jpg

無題
この記事のURL | バリエーション | CM(0) | TB(0) | ▲ top
171217_蓼科山【12月例会山行】
- 2017/12/28(Thu) -
メンバー
CLにしやん、他10名

記録
8:05 女神茶屋の登山口
8:50-8:55 休憩
9:30-9:40 休憩 ここから急登なのでアイゼンつける
10:30-10:40 森林限界の境界で休憩
10:55-11:00 山頂
11:10-11:30 山頂小屋で休憩 来た道を戻る
12:00-12:10 休憩
13:15 登山口着

52332042_2274533090_15large.jpg
今回は割と大所帯

8時時点で駐車場はほぼ満車でした。
駐車場脇に冬季トイレが1つあります。

前日からの降雪は足首程度なのでワカン類は車にデポ。
ピッケルよりもストックの方が歩きやすい山でした。
積雪量は笹薮や岩が露出している程度で
まだまだこれからだなぁといった感じです。

9時ごろから結構な降雪。
去年ぶりに見た雪の結晶がきれいでした。

52332042_2274533085_92large.jpg
山頂は寒くて寒くて…
展望はありませんでしたが冬山感を楽しめました。

52332042_2274533070_78large.jpg
大きなヤドリギ

東御にもどったら雪なんてなくてポカポカ。
道路が凍結していないって素晴らしい!

みなさんお疲れ様でした^^
この記事のURL | 毎月・例会山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
171118 米山
- 2017/11/24(Fri) -
CL:とく、もぎけん、mkuma夫婦、usk、記録れいこ

曇りのち雨
6:00 東長野運動公園集合
8:10下牧登山口到着(新潟組と合流)
8:40下牧登山口出発
9:45三十三観音
10:30女しらば超えてくさり場
11:10山頂
12:05下山開始
13:45下牧登山口

元小学校だったという登山口駐車場。
広くてきれいな休憩室完備(トイレあり、着替えスペースあり)で使い勝手がまことに◎

三十三観音すぎたあたりから積雪量がどんどん増え、足首まで埋まるほど。。。
予想外の展開あせあせ(飛び散る汗)1000m弱でも立派な雪山でした(。-_-。)
山頂まじかで雨足が強まり、下山はずっと雨でした。

米山はかなり整備されていて、屋根付きの避難小屋が山頂と女しらばに設置されており環境はとても良い山でした。
そして標高が低い割には、登り甲斐のあるお山でした。
雨の中の山行という貴重な体験(笑)もでき、今年初雪山体験もし、なんだかんだ楽しかったです。
リーダーのとくさん、いつも綿密な計画&情報収集、ありがとうございます(*^^*)
そしてみなさんお疲れ様でした!

1502863346_244.jpg

1502911720_207.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
171112-13 燕岳【11月例会山行】
- 2017/11/24(Fri) -
メンバー:(日帰り)CLもぎけん、うま、なべぶた、にしやん、へい、記録まっちゃん
      (泊り)CLなみ、まっちー、記録とく

日帰り
7:00 登山口
9:45 合戦小屋
11:00 燕山荘
11:40 山頂
16:00 下山

登りの合戦小屋手前が雪が薄く、凍っていて滑った。小屋から山頂まではそこそこ雪が付き、アイゼン無しで登れた。
帰りはアイゼンを付ける人、つけない人、それぞれ。
最高の天気で最高の景色を楽しめた。

**************************************
宿泊組の記録
11/12
7:00 中房温泉
10:10富士見ベンチ/アイゼン付
11:00合戦小屋
12:00燕山荘
14:00山頂
14:40燕山荘

11/13
8:00燕山荘
9:05合戦小屋
10:10第3ベンチ/アイゼン外  
11:30中房温泉

初冬の寒冷を承知の上、登山者が意外に多い事、山荘に到着し理解出来ました。
①北ア連峰稜線上付近の見事な白銀(布)に化粧した姿 
②翌朝の安曇野•東北信方面の雲海とご来光、それに加え光を受け赤く染まって行く槍ヶ岳•燕岳等•••が見事でした!

52332042_2271017430_208large.jpg

52332042_2271017406_18large.jpg
この記事のURL | 毎月・例会山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ