170502-03 玉山(台湾)
- 2017/05/09(Tue) -
メンバー:なみ、ゆーき

観光つきのトレッキングツアー参加してきました。

20170509_005909.jpg


5/1
9:30成田→(飛行機)→12:00桃園空港→(チャーターバス)→19:00阿里山 櫻山ホテル

5/2
6:00 近所の食堂でおかゆの朝食
7:30  阿里山
8:00  駐車場(ラストトイレ)
8:20  徒歩5分 排雲管理站で入山手続 パスポート確認
8:45  塔塔伽鞍部 登山口 までハイエース的な車で移動
15:00  排雲山荘
17:00 夕食
20:00 消灯

DSC02792.jpg
ツアー会社手配のランチ(阿里山のセブン特性)

20170502_100927.jpg
登山途中に2か所トイレあり。ただしきれいではない。。

DSC02799.jpg
いい感じのスラブにちょっと興奮ww

5/3
1:30  起床
2:00 おかゆの朝食
2:30 出発
5:00-30   玉山山頂
7:20 排雲山荘
7:45 温麺の朝食2
8:10 出発
12:30 登山口
登山口から車で10分のレストランで食事
台中に移動(3時間)してホテルに宿泊

DSC02801.jpg
食堂はこんな感じ。手前の銀色タンクにはたっぷりのお湯。

DSC02837.jpg

DSC02845.jpg
山頂でご来光と雲海を満喫。
諦めていた天気が好転しました\(^o^)/

5/4
台中→台北にバス移動
途中で皇池という温泉にたちよる
午後は普通に竜山寺やお土産屋さんなどの観光

DSC02867.jpg
このあとさらに4皿くらいでてきました。
量的には毎食こんな感じ。
全部おいしくて、毎回おなか一杯食べてしまい後悔・・・(カロリー)

5/5
午前中は博物館など観光
昼食に金品茶楼で小龍包などをたべて帰国
(私たちは2日延泊して自由行動)

20170505_120129.jpg
いっぱい歩いたのにデブになって帰国。

登山そのものは上高地入りの涸沢泊、北穂ピストン×0.8した感じでしょうか。
高山病にさえならなければ比較的楽なコースだと思います。
天気に恵まれ、最高の景色を満喫することが出来ました。

ツアーということで高くついてしまいましたが、
・平日限定外国人特別枠があるので玉山入山の抽選にあたりやすい
・外れたら支払いしなくていい
(抽選に外れたけど航空チケットがキャンセルできず、3年連続台湾という日本人に会った)
・いいガイドがつく?
・登山口までの移動手段を気にしなくていい
・人気のレストランで行列に並ばずに食事ができる
・日本人好みの場所に効率よく連れて行ってくれる
・ツアー仲間とのふれあい
メリットが多かったので総合的に正解だったと思います。
ただし天気が悪くても山荘までは行くみたいなのでそこは融通ききませんが・・・

1週間の非日常でリフレッシュできました!
また仕事がんばろ(*^ ^*)
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170504 唐松岳
- 2017/05/09(Tue) -
CL:なかまゆ
記録:チャーリー

8:40 八方山荘
9:20 八方池
11:40 唐松岳頂上山荘付近
12:00-12:50 山頂
14:30 八方山荘

駐車場は多府県ナンバーの車ばかり。
さすがの連休でゴンドラは混雑していて並ぶこと40分待ち
スキーヤーも多く半数以上。登山者も多く視界にはずっと登山者がいた。
ほとんどアイゼンは付けずに山頂直下のみ使った。

晴天で残雪の山々、景色に感動!
なんてすばらしい景色。贅沢な山行・・今日来れたことに感謝。。。

1485870888_143.jpg

1485870888_170.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170422 爺ヶ岳南尾根
- 2017/04/29(Sat) -
CLこごどん、へい、さく、会員外

6:30 登山口
7:00 八つ見ベンチ
9:00 ジャンクションピーク
10:30 山頂
13:00 登山口

ジャンクションピークまでは晴れ間もみえ、蓮華、針の木もばっちし
春山enjoyexclamation ×2
けれど標高をあげるにつれだんだんとガスが濃くなり、南峰に出たとたん強風で退散

1484413698_115.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170413 東篭ノ登山
- 2017/04/29(Sat) -
CLとく、チャーリー、非会員

天気:晴れ  気温:マイナス?℃

8:40 地蔵峠P
10:00 兎平手前林道より樹林へ入る
10:45 東篭ノ登山 山頂
10:50-11:40 山頂西側の風の無い所で休憩・行動食
11:50 東篭登山ー西篭ノ登山 鞍部より樹林帯より下山
12:15 林道合流
13:50 地蔵峠P

閉鎖した閑散としたスキー場を上がる。晴天は嬉しいが太陽の反射が眩しい

前日に降った雪が10センチくらいはあっただろう・・林道は除雪跡があったが
タイヤ跡がカチコチに凍っていた(気温は真冬並み)

兎平手前の林道から樹林へやや斜め右へ進み夏道のリボンに沿って山頂へ。
湯の丸、烏帽子、浅間山、四阿山・・・の眺望
標高は2200m かなり冷たい風ですぐに手や体が冷えてくる。
少し下った風の無い所で昼飯に。
前々日からの雨・雪で、木の枝は樹氷となっていてまるでクリスタルのツリーのようだった。

西篭ノ登山へ行く予定がちょっとしたトラブルがあり、ショートカット。
鞍部より樹林を突っ切って林道へ出ることに。
途中、昔使っていたと思われる湯の丸ー高峰のハイキングルートを発見
看板もかなり錆びていて昔の登山ブームのころのコースだったのかもしれない。

地形図とコンパスで確認しながら距離にして700mくらいだったが目指した林道へ出れた
目標物が無いと樹林帯はつい方向を見失いがちになるが残雪のルート取りはとても楽しい!
もっともっと自位置を正確に把握できるよう実践研究しようと思います。

後は林道脇の樹林をてくてく歩き広いスキー場のゲレンデへ
低いジャンプ台みたいなのが太陽の反射でとても綺麗でした。

残雪の山もいいもんですねー

1483731026_165.jpg


1483731026_11.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170325 霊山寺山
- 2017/03/26(Sun) -
メンバー:CLチャーリー、ゆーき、会員外1

8:15 登山口
9:30 引き返して尾根に取りつく
9:45-9:50 休憩
10:55-11:05 休憩
12:25-13:10 霊山寺山
14:10-14:20 休憩
15:05 登山口

集合場所を間違えて(すみません…)スタートが遅れました。

金曜の夜から降った雪でまたもや脛ラッセル。
旧雪と新雪の結着が悪く、滑って歩きにくかったです。

歩きやすい道をまっすぐに行ったら通るはずのない堰堤があり、道間違いに気づく。
地図とGPSで現在地を確認して、
少し引き返して傾斜のゆるいところから尾根に取りつきました。

下界は晴れていましたが、山はガスの中。
稜線付近で晴れてきて眺望を楽しめました。
のんびり昼食をとって下山。

下りではワカンについた雪団子と緩んだザラメに苦しめられ…。
いいトレーニングになりました。
ありがとうございました。

1481958218_212.jpg

1481958218_241.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ