FC2ブログ
190504,05、蝶ヶ岳
- 2019/06/01(Sat) -
2019.5.4~5 蝶ヶ岳
M木、U木 蝶ヶ岳山荘素泊まり
5/4 7.:35 三股駐車場発→12:50 稜線手前→14:10 蝶ヶ岳ヒュッテ
5/5 8:50 蝶ヶ岳ヒュッテ発→13:00 三股駐車場

標高2000超えると雪の世界
何ヶ所か広い谷をトラバースで横切るところがある
稜線直下は急登 かなりユルユル登って
小屋手前で大休止
2日目は期待通りのモルゲンロート 
名残惜しい槍穂高連峰を堪能し
この日もユルユルスタート^^;
下山時 転倒して自力での下山が出来なくなった方がいて40分間足止め 県警のヘリで無事救助された
他にも木の根っこにつまづいて足を捻挫された男性がいました
M木さんが三角布で足を固定して応急処置
素晴らしい
今回の山行で感じた事は
山岳保険の加入 無理のない計画での安全登山
予備の食料、着替え、ツェルト 応急処置セットなど
万が一に備えての装備の持参
ごくごくあたりまえの事を再確認出来た山行でした
201906011836246d4.jpeg
20190601183623963.jpeg
20190601183625c62.jpeg
 5/4 21時 槍穂高連峰と常念岳の星空
西の夜空
前穂高岳、いちばん左の山の上にある明るい星は
オリオン座のベテルギウス
北穂高岳の右上に火星
飛行機の軌跡のずーと上
写真の縁ぎりぎりに写っているのが
こいぬ座のプロキオン

東の空 常念岳
写真中央の山の上スレスレに
カシオペア座の全体が写っていました
その左
星がゴチャゴチャと列になって横に広がっているのが
ペルセウス座の中心部
20190601183837ebc.jpeg
20190601183835e9f.jpeg
20190601183836115.jpeg
 5/5 午前4時10分
今まで煌めていた星たちが消えてゆく儚さと
暗闇から光が戻り 朝を迎える狭間の時間
個人的にとても好きな時間帯です
201906011840385b5.jpeg
20190601184040873.jpeg
20190601184041431.jpeg
山飯
うんまかった〜
2019060118433345f.jpeg
20190601184330e02.jpeg
20190601184331e97.jpeg
スポンサーサイト



この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<190519、物見岩 | メイン | 190429,30、大菩薩嶺>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://rockandbush.blog122.fc2.com/tb.php/491-e7d95c92
| メイン |