FC2ブログ
190407、鍋倉山(例会山行)
- 2019/04/15(Mon) -
以下、M木
2019年4月7日(日)例会山行 鍋倉山
メンバー:M木、U木、O篤(歩き)
     K井、H野、S名(スキー)
天気:曇りのち晴れ

8:25 温井発
10:10 歩き組わかん装着
11:50 山頂
12:15 下山&滑走
12:50 スキー組温井着
14:00 歩き組温井着

当日は下山まで大きく荒れず、時より日差しも現れ、
前々日までの予報が嘘のように天候に恵まれました。
今回私自身、初めて雪の鍋倉山を歩きましたが、
重い雪の中、ブナ林に囲まれての写真を撮りながら
わかんで雪を掻き分けての下り、
スキーとは違った楽しみを味わえました。
下山間近の小屋手前にて、熊の足跡らしきものを発見。
見た所、今日歩いた後のような踏みたての足跡のようでした。
山の上の方へ歩いて行ったようですが、どこまで行ったんだろう…
20190415203552fcd.jpeg
20190415203621b64.jpeg
201904152036324f8.jpeg

以下、O篤
報告・感想
・天候は穏やかで温井の駐車地点は、積雪量も有り路側に既に十数台ある。積雪面はソフトであるが締まっていて歩きやすい。純白の広大な雪面にブナの木々が心を癒してくれ、疲労は余り感じない。
・今回は予定コースの逆で、黒倉山と鍋倉山の鞍部を(西の沢?)登る。鍋倉山頂はまだ4m程度の積雪で、多くの登山者で賑わっていた。日本海も霞んでいたが眺めホットする。
・下山は温井へ急傾斜のブナ林尾根をトラバースしながら降る。小屋上部の雪面に、温かさで冬眠から目覚めたクマの足跡を発見。足跡は新しく直前を横断し、急斜面を登る跡が続いていた。。。
 やっぱりこの時期の鍋倉山は、何度訪れてもいいですね。
スポンサーサイト
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<190420爺ヶ岳、南尾根 | メイン | 190324、五地蔵山>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://rockandbush.blog122.fc2.com/tb.php/482-4d8629a8
| メイン |