171230-0101_霞沢岳西尾根
- 2018/01/08(Mon) -
メンバー
しらびそ山の会 CL:Tさん、Kさん、Wさん、Hさん
伊那山仲間:Mさん
R&B:ゆーき

12/30 【快晴】
7:30      沢渡駐車場(冬季無料)
        予約しておいたタクシーで釜トンネル入り口まで移動(20分)
8:15     釜トンネル 
9:20     西尾根取りつき
12:15    ジャンクション 幕営
夕食は鍋と〆のラーメン

12/31 【曇り 10時ごろから雪】
3:00     起床 α米の雑炊
5:00     出発
7:00     岩場通過 ロープ固定&フリクションノットで通過
7:35-50   霞沢岳
9:30-10:15 幕営地 テント撤収
11:30    西尾根取りつき地点で幕営
お汁粉、FDパスタ、マッシュポテト、ソーセージ

1/1 【雪】
4:00     起床 お雑煮
5:45     出発
6:40     釜トンネル入り口 タクシー移動

坂巻温泉の駐車場は宿泊客でいっぱいだろうとのことで、沢渡からタクシーを使いました。
最速で7時に来てくれます。
人数が多い場合は1台でピストンになるそうですが、
たまたま他のお客さんを送ってきた同会社のタクシーがきたので乗せてもらいました。

釜トンネル入り口で計画書を提出し、トイレを借りて出発。
ヤマレコにお勧めルートとして掲載された影響か、
霞沢岳が例年になく賑わっているようでした。

1日目は晴天の中、焼岳や穂高を眺めながらの急登。
笹が埋まっていたので割と歩きやすかったです。
今回はトレースばっちりで簡単に行けましたが、
自分でルーファイ&ラッセルすると、もっと難しかったのだと思います。

ジャンクションの幕営適地には既に数張のテントが…
ジャンクションでぶつかっている別の尾根を3分ほど下った所を整地して幕営しました。
風が当たらなくて良い場所でした。
ルート沿いに15分ほど登った左斜面にも張れる所があったそうです。

2日目
10時ごろから天候が崩れる予報なので5時に出発。
トレースがついているので暗いうちから行動開始できました。
風は比較的穏やかで、穂高連峰や乗鞍などの展望を楽しめました。
2500m付近の岩場では念のためロープを張ってもらいました。
フリクションノットで通過
下りはクライムダウンでも行けるそうですが、
アイゼン歩行に慣れていない人もいるので懸垂下降で。
残置スリング+バックアップのため岩角にスリングを追加(最後の人が回収)
ロープは50m1本で足りました。

時間に余裕があったのでテントを撤収して下山。
トンネル付近でDOCOMO携帯が通じたのでタクシーを予約。
登頂祝い&年越しのプレモルで乾杯しました。

冬山にあまり慣れていない&二つ玉低気圧の接近でかなり心配していましたが
強いリーダーに引っ張っていただき、無事に登頂できました。
テント泊は楽しいなぁ。
自分で計画できるように、もっと冬山の経験を積みたいと思いました。

20171231_073925.jpg

20171230_092632.jpg

20171231_070934.jpg

無題
スポンサーサイト
この記事のURL | バリエーション | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<180114 鍋倉山で遭対訓練【1月例会山行】 | メイン | 171217_蓼科山【12月例会山行】>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://rockandbush.blog122.fc2.com/tb.php/432-1315e60d
| メイン |