150920 槍ヶ岳 北鎌尾根
- 2015/10/12(Mon) -
【記録】
9/20
松代PA集結(3:20)-沢渡BT発(5:20)-上高地BT発(6:10)-徳沢(8:00)-横尾(9:00)
ババ平11:00)-大曲(11:30)-水俣乗越(12:20)-北鎌沢出合着(13:40)
9/21
起床(3:00)-行動開始(4:40)-北鎌稜線(6:35)-独標(8:40)-北鎌平(11:10)-穂先(12:00)-
肩の小屋着(12:30)-ババ平着(15:05)
9/22
起床(5:00)-行動開始(6:40)-横尾(7:50)-徳沢(8:45)-河童橋(10:00)-沢度BT(10:40)

1日目
水俣乗越からの下り始めは、急な上に足元の土砂がどんどん崩れ、下の人がいたため非常に歩きずらかったのですが、人がたくさんいたため、迷わずに北鎌沢出合にたどり着きました。出合はテント30張以上、100人近い人がいました。北鎌沢はきれいな水が豊富で、砂の平地もあり、とても居心地の良いテン場になっていました。
2日目
渋滞に巻き込まれないように暗いうちに出発。北鎌沢を右へ右へと登り、最後の草地を踏み跡を辿って左に上がり、北鎌のコルより先の稜線上に出ました。北鎌沢上部から、ほとんどが登山道のようになっており、どこまでいっても誰かがいたたいめ、ほとんど迷いませんでした。基本的に人の歩いた跡を辿りましたが、稜線の下のほうを巻いている道も多く、基本的に稜線上を歩くという会長のアドバイス従って、離れそうなときは岩場を登って稜線へ戻りながら進みました。独標を右に巻いて途中から頂上へ登ると、槍ヶ岳がそびえたつのが見え、感動的でした。岩場はロープを出す必要もなく登れましたが、続々と後ろから人が登ってくるので、絶対に落石できない状況もあり、非常に気を使いました。ざれた岩場もあまり歩きなれていないため、苦戦しましたが、青空の下、とても楽しく歩けました。最後の槍の基部あたりバテ気味になりましたが、無事に穂先へとたどり着きました。頂上は混雑していましたが、運良く30分くらいで下りてくることができたため、予定を変更してババ平まで下りてきました。
3日目
帰りの渋滞に巻き込まれないようにちゃっちゃと歩いて10時に河童橋にたどり着きました。
3日間天候にもテン場にも恵まれ、ものすごい混雑もうまくすり抜け、とても運が良かったです。あまりにも人が多くてバリエーションらしさがほとんどありませんでしたが、念願の北鎌は景色も最高で、体力的にきつい部分もありましたが、充実感のあるとても楽しいルートでした。思い切って提案して本当に良かったです。経験者お二人がいたからこそ実現できた山行です。コゴドンさん、マル山さん、ありがとうございました。no.15さん、情報提供、アドバイスありがとうございました。

kitakama01.jpg

kitakama03.jpg

kitakama02.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | クライミング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<150927 大滝山(9月例会山行) | メイン | 20150822 ロックアンドブッシュ的板作り2nd>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://rockandbush.blog122.fc2.com/tb.php/332-aeb3b762
| メイン |