FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
180512 西穂高岳
- 2018/05/13(Sun) -
CLコゴドン、さきたま、記録KAZU

9:02 西穂高口駅
11:56 西穂高岳山頂
14:43 西穂高口駅

例年より雪どけが早く、アイゼン、ピッケル無しで心地良い風が吹く中、快適な山行でした。
ハイライトは山荘以降の下山時のコゴドン&さきたまさんのグリセイドのデッドヒート。
山男達の底無しの体力を垣間見れました(と言っても自分は最序盤で脱落)

1515507420_213.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
180505 五龍岳
- 2018/05/07(Mon) -
メンバー:CLコゴドン、記録Kazu

5/5
08:28 テレキャビン
12:26 大遠見周辺テン泊(強風の為)

5/6
06:15 大遠見周辺
08:13 五竜岳頂上
12:47 テレキャビン

初日はなかなかの強風で唐松縦走は叶いませんでしたが、
2日目は風も穏やかになり、
五竜山荘から頂上までも例年より雪が少なかったとの事で、
先生に残雪期のテン泊や雪上歩行のイロハを教えて頂いたお陰で、
無事に戻って来る事が出来ました。

1515049997_250.jpg
この記事のURL | バリエーション | CM(0) | TB(0) | ▲ top
180503 乾徳山&180504 鶏冠山
- 2018/05/07(Mon) -
メンバー:Kazu

2018/5/3
06:58 乾徳山登山口
07:35 道満山
09:40 乾徳山山頂
10:56 国師ヶ原十字路(迂回下山道経由)
12:07 乾徳山登山口

連休の機会を利用して、折角なら遠方の山梨の岩山を!と思い選びました。
眺望は初めから望むべくもありませんでしたが、頂上周辺の岩がちな感じは面白かったです。
マイナスイオンをたっぷりと浴びられた良き山行でした。
今度は晴れの日に!


2018/5/4
04:27 西沢渓谷入口
08:23 鶏冠山山頂
11:47 西沢渓谷入口

ネットの情報通り、テープが所々ありました。
面白味に欠ける鬱蒼とした樹林帯が長く続きましたが、
乾徳山以上に頂上周辺の岩場は面白かったです。
核心部?は最初と最後の渡渉でした。
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
180429-30 爺ヶ岳~鹿島槍
- 2018/05/07(Mon) -
メンバー:CLコゴドン、記録Kazu、もぎけん

4/29
07:58 柏原新道入口
12:27 爺南峰
13:06 爺中峰
13:45 爺北峰
14:38 冷池山荘

4/30
06:05 冷池山荘
07:47 鹿島槍南峰
08:23 鹿島槍北峰
14:15 大谷原登山口

小屋泊まりののんびり山行で、
ビールにウィスキーにワインに話に花が咲き、
天候にも恵まれ、
雷鳥にも会えた楽しい山行でした!

85925765_187.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
180430 火打山
- 2018/05/07(Mon) -
メンバー:なかまゆ

7:00 笹ヶ峰
8:10 黒沢
10:10 高谷池ヒュッテ
12:10 火打山山頂
14:00 高谷池ヒュッテ
16:25 笹ヶ峰

反省の多い山行でした。

下山時、十二曲は雪の斜面を下ったが、気温が高かったためトレースが不明瞭になり見失った。
このため、黒沢にかかる橋の位置が分からなくなり相当に焦った。
他の下山登山者の後を追いナントカ無事に橋を渡る。
かなり下流に下山してしまい、無駄なアルバイトであった。
私と同じ失敗した人は多数、いたと見られ、多くの踏み跡があった。
→ 赤布を自分で付ける心がけが大切。
ピンチパックに赤布を入れるといいかも。

登山者が思った以上に少なく、しかも、今日は単独行。
人をアテにせず、自ら判断することの重要性を学びました。
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
180429 白馬鑓
- 2018/05/07(Mon) -
メンバー:CL記録こうちゃん、まっちゃん、SSK、にしやん

1514504206_68.jpg

毎年シーズン最後に行っている白馬鑓。
例年より2週間早く行ってみたが猿倉は例年行っていた時期と同じ雪量だった。
それだけ雪解けが早いということ。

1514795345_34.jpg

小日向のコルには「ヱビスビールあります」の旗が。
あのKさんがサーバを担いで商売をしているらしい
(帰りに声をかけられた。1杯500円也)


1514504206_202.jpg

温泉から先の急斜面では落石が2回落ちてきた。
大出原から先客は皆さんコルを詰めていたが、我々は右手の斜面を登り上げる。
ちょっと急で手こずる人もいたが、稜線をシートラで歩くよりも体力の消耗が少ない。
一部板を担ぐ場面もあったが、ほぼシールで頂上直下まで登ることができた。
少し休んでいざ滑りへ。縦溝が少し気になったけど右に左に斜面を選んで滑る。

そして温泉。賑わっていたけど場所を空けてもらい入る。
いつもよりぬるめで比較的長く入っていられた。
先客が雪を入れてくれたのかな?

あとは消化試合。
皆さんヘトヘトでしたが駐車場までしっかり滑ってくることができました。
今年も大満足、これで心置きなく板納めができます。
皆さんお疲れ様でした。

1514504206_174.jpg

この記事のURL | スキー&スノーボード | CM(0) | TB(0) | ▲ top
180422 若穂太郎山
- 2018/05/07(Mon) -
地元の若穂太朗山へ

メンバー:CLなかまゆ、記録とく、会員外1名

8:15 天王山口
9:20 こしき岩
10:30-11:15 山頂
12:55 天王山口

五月晴れのような陽気で、新緑のやせ尾根からの
北信五岳、北ア連峰、千曲川と善光寺平が遊覧飛行のような展望。
山頂手前のカタクリ群生地発見し疲れが吹き飛ぶ!

1514065682_160.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。