FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
180120 神奈山スキー
- 2018/01/22(Mon) -
Lゆーき、コゴドン、ナベブタ、へい、記録にしやん

8:10 国民休暇村駐車場発
9:10 藤巻尾根
11:00 1535m地点
11:20 滝ノ沢1250m
12:00 尾根に登り返して合流
12:50 駐車場着

先行者一名あったが出会うことなし。
橋をわたって藤巻尾根までは急斜面をのぼる。
雨でしまった雪の上にさらさらの新雪数cmで滑りやすく、小古井さんのスキーアイゼンがうらやましい。

藤巻尾根はブナの疎林をのんびりと登る。
林をぬけて尾根上の広くなったところで休憩、
尾根が急傾斜になる所(1535m)までのぼって滑走準備。

北斜面の沢(滝ノ沢)に滑り込んで1250mまで下降して登り返し。
二人(ゆーき、なべぶた)は沢にそった尾根上を滑走、尾根で合流。
藤巻尾根までトラバース、気温もあがり昼頃には雪は重くなった。
藤巻尾根の最後はぐずぐず雪の急斜面を橋まで下降。

天気がよく3月のような気候で、まったりした神奈山を楽しんできました。

1507207365_172.jpg
無風快晴

1507207365_191.jpg
コゴドンのトレースだけなんかおかしい

1507291130_189.jpg
雨縫濡れたカリカリバーンに10cmの新雪
場所によっては楽しかったです

1507225612_8.jpg
パウダーないと思ってコンビニで買ってきた

1507291130_211.jpg
北面はかりんかりんだったらしい><

1507225612_128.jpg
ミサ食堂の味噌ラーメンは超にんにく、たっぷり玉ねぎ。
お土産に買ったキムチも昆布だしがきいておいしかった!
スポンサーサイト
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
180114 鍋倉山で遭対訓練【1月例会山行】
- 2018/01/22(Mon) -
メンバー:CLコゴドン、ナベブタ(講師)、にしやん、しーな、mkuma、ゆーき(記録)

記録
8:45 温井集落発
11:20 ガッカリバーン途中
12:00-14:30 訓練
15:00 温井

他パーティは小屋前を通って行ったので、
小屋以降はずっとラッセルできました\(^o^)/
平地で膝、斜面だと腿まで埋まりました。
苦労して登ったのに降ったばかりの雪が深すぎて全然滑らない。。。

【訓練シチュエーション】
・4人パーティ(コゴドン、ゆーき、しーな、mkuma)が滑走中に前方斜面で雪崩発生
・別パーティ3人のうち2人が埋没、1人(にしやん)が助かって4人パーティへ救助を要請
・5人でセルフレスキュー

【反省点】
・2次災害を防ぐため必ず見張りをつける
・まずは助かった1人に状況(人数、雪崩の場所や規模)を確認する
・距離が10mを切るまでは一気に下りてよい
 (40m地点でビーコンばかり見ているとタイムロス)
・残留物に注意する(残留物より上に埋まっている可能性は低い)
・ビーコンのあと必ずゾンデで場所を特定する
・途中でわからなくなるのでゾンデは抜かない
・掘り出しは1人ずつ確実に(気道確保まで)
・頭の位置を確認してから掘り進める
・体全体を掘り出すのは引っ張り出せる空間を作り、ツェルトを用意してから
 (外気温で冷える、圧迫が急に解けるとショック状態になる)
・全員がビーコンの使い方、掘り出し、梱包の流れを熟知していないとひっちゃかめっちゃかになる。。

あとは埋没体験(恐怖)、梱包、搬出をしました。
・半身サイズの銀マットを持っていると梱包やビバークで使える
・梱包の時にザックやマットを敷かないと超寒い
・足をしっかり包まないと、搬出するときに傷病者の足が雪まみれになる

なんとなく知っているだけでは上手くいかないもんですね。。。
梱包&搬送はオールシーズン使えそうです。
講師ありがとうございました。

講師からのアドバイス
・ロールプレイは真剣にやらなければいけません。
・目撃者の証言をよく聞いて、デブリや残地物を確認して埋没点を予想する。
・50mぐらいのところでうろうろしていないで埋没予想点まで走る。スキーを脱ぐ(脱いでない)。
・ビーコン捜索者は1-2人で充分かとおもいます。(今のは性能がよいので)(今回はビーコンに集中しすぎ)
・ビーコンはストラップをめいっぱい伸ばして体から離して操作した方がよいです。
・ビーコンを振る早さが皆さん早い。水平かつ止めながら測位しないと正しく計算してくれません。
・1~2名は捜索開始後アバランチプローブをすぐ用意して(今回していない)、1mを切ったら荒ゾンデします。
・のこりの人は捜索開始後スコップを準備する(今回していない)。
・ビーコンが1m以下になればビーコン捜査を十字法に移ります(なかった)。
・うまっている物が人体だからピンポイントまで追求せずに、今回のように荒ゾンデでよい。
・ゾンデ操作は垂直に。(斜めに刺していた)当たったらそのまま刺しておく。

1506893217_214.jpg
小屋に人がいなかったのかな?
いつもはガイドブックのルートは通行禁止なのよ^^;

1506893217_108.jpg
軽くツェルトでくるんで埋没体験

1506893302_210.jpg
梱包やビバーク用に小さいマットを携行していると○

1506893302_104.jpg
シーズン前に例会でやっておけばよかった

1506893217_94.jpg
焼き芋入りぜんざい食べて休憩
この記事のURL | 毎月・例会山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
171230-0101_霞沢岳西尾根
- 2018/01/08(Mon) -
メンバー
しらびそ山の会 CL:Tさん、Kさん、Wさん、Hさん
伊那山仲間:Mさん
R&B:ゆーき

12/30 【快晴】
7:30      沢渡駐車場(冬季無料)
        予約しておいたタクシーで釜トンネル入り口まで移動(20分)
8:15     釜トンネル 
9:20     西尾根取りつき
12:15    ジャンクション 幕営
夕食は鍋と〆のラーメン

12/31 【曇り 10時ごろから雪】
3:00     起床 α米の雑炊
5:00     出発
7:00     岩場通過 ロープ固定&フリクションノットで通過
7:35-50   霞沢岳
9:30-10:15 幕営地 テント撤収
11:30    西尾根取りつき地点で幕営
お汁粉、FDパスタ、マッシュポテト、ソーセージ

1/1 【雪】
4:00     起床 お雑煮
5:45     出発
6:40     釜トンネル入り口 タクシー移動

坂巻温泉の駐車場は宿泊客でいっぱいだろうとのことで、沢渡からタクシーを使いました。
最速で7時に来てくれます。
人数が多い場合は1台でピストンになるそうですが、
たまたま他のお客さんを送ってきた同会社のタクシーがきたので乗せてもらいました。

釜トンネル入り口で計画書を提出し、トイレを借りて出発。
ヤマレコにお勧めルートとして掲載された影響か、
霞沢岳が例年になく賑わっているようでした。

1日目は晴天の中、焼岳や穂高を眺めながらの急登。
笹が埋まっていたので割と歩きやすかったです。
今回はトレースばっちりで簡単に行けましたが、
自分でルーファイ&ラッセルすると、もっと難しかったのだと思います。

ジャンクションの幕営適地には既に数張のテントが…
ジャンクションでぶつかっている別の尾根を3分ほど下った所を整地して幕営しました。
風が当たらなくて良い場所でした。
ルート沿いに15分ほど登った左斜面にも張れる所があったそうです。

2日目
10時ごろから天候が崩れる予報なので5時に出発。
トレースがついているので暗いうちから行動開始できました。
風は比較的穏やかで、穂高連峰や乗鞍などの展望を楽しめました。
2500m付近の岩場では念のためロープを張ってもらいました。
フリクションノットで通過
下りはクライムダウンでも行けるそうですが、
アイゼン歩行に慣れていない人もいるので懸垂下降で。
残置スリング+バックアップのため岩角にスリングを追加(最後の人が回収)
ロープは50m1本で足りました。

時間に余裕があったのでテントを撤収して下山。
トンネル付近でDOCOMO携帯が通じたのでタクシーを予約。
登頂祝い&年越しのプレモルで乾杯しました。

冬山にあまり慣れていない&二つ玉低気圧の接近でかなり心配していましたが
強いリーダーに引っ張っていただき、無事に登頂できました。
テント泊は楽しいなぁ。
自分で計画できるように、もっと冬山の経験を積みたいと思いました。

20171231_073925.jpg

20171230_092632.jpg

20171231_070934.jpg

無題
この記事のURL | バリエーション | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。