170522 荒船山( 平日倶楽部定例山行)
- 2017/05/26(Fri) -
2017年5月22日(月)天気:晴れ
メンバー
CL:Pleiades 、おやぶん、とく、N沢、記録もぎけん

8:50 内山峠登山口
9:55 一杯水
10:30~10:45 艫岩
11:25~12:00 経塚山山頂
12:50 一杯水
13:55 内山峠登山口

暑い中でしたが、新緑の中、快適な山歩きを楽しめました。
艫岩からの展望は、相変わらず高度感があり、
吸い込まれてしまいそうな迫力でした。
下山中、雷が遠くから聞こえましたが、
何とか降られずに、下山できました。
艫岩には休憩所兼避難小屋があり、
今度は、ここで宴会山行もいいですね(^^)


52332042_2254833291_93large.jpg

52332042_2254833288_200large.jpg

52332042_2254833267_46large.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 毎月・例会山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170521 針の木岳 山スキー
- 2017/05/21(Sun) -
メンバー
CL:まっちゃん、うま、KSO、コゴドン、親分、にしやん、もぎけん、記録ゆーき

6:40 扇沢
7:45-7:55 大沢小屋付近
8:40-9:00 休憩
9:35-9:50 マヤクボ沢出合 これより斜度上がる
10:55-11:15 急登が一端終わったところ
11:50-12:10 稜線
12:15-12:25 山頂
12:30頃 ドロップ
うまさん、まっちゃん、KSOは山頂直下のルンゼ
にしやんはちょっと登ったところの良い斜面
他は稜線よりそのまま
13:10-13:20 マヤクボ沢出合
14:25 扇沢

・マヤクボ沢出合より下部は巨大デブリ地帯
・出合上部~稜線は斜度30度以上が続く
・雪はグサグサで先行者のステップを使って登る

必要な装備は人によりけり。
親分はアイゼンピッケルなし。大沢小屋より少し上からずっと板を担いで登る。
私はスキーアイゼンで出合まで登り、そこからは担いで、途中からピッケル使用。
うまさん、まっちゃんはシールとスキーアイゼンで稜線前の急登以外はうまく登っていたようです。

相変わらず急斜面と不整地にビビりながらも、充実感のある山行で楽しかった!
来年は急斜面と不整地の練習しなきゃ。
と、古い板のビン付け替えて春スキー用にします。
板が傷だらけ(-"-)
20170521_100051.jpg

20170521_110804.jpg

20170521_121101.jpg

170521針の木

この記事のURL | スキー&スノーボード | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170514 白馬鑓温泉(5月例会山行)
- 2017/05/15(Mon) -
メンバー
スキー:CL&記録うま、まっちゃん、KSO、たけうち、くま、ゆーき
歩き:CLさく、チャーリー、まっちー

参考記録:主にスキー班
猿倉6:45
大日方コル取付き8:40~7:55
大日方のコル8:35~8:50
六左衛門滝上部登り~返し8:55~9:55
1900m地点9:40~9:55
白馬槍温泉10:15~12:10
大日方のコル13:00~13:17
猿倉13:50

天気が怪しまれたが終わってみれば快晴に恵まれた山行となりました。不慣れなリーダーで休憩がまちまちとなってしまった、反省です。温泉は皆の協力もあって適温の湯に浸かれて大満足。温質が変わったのかいつもは透明な温泉が白濁した湯となっていた。次は宴会山行で幕営にて再び訪れたい。

スキー班と歩き班に分かれての山行がさくさんの協力もあって実現することが出来。スキー6人歩き3人の参加があった。最近、例会山行の出席者が減少しているので、今後は趣向を凝らして魅力ある例会山行を企画したい。

白馬鑓2
雪が柔らかく、アイゼンやクトーはいりませんでした。
慣れてない人はコルへ手前の登りだけちょっと手こずる感じ。

白馬鑓1
テンション高めのスキーヤーに引っ張られて休憩1回で到着。

白馬鑓3
周りの雪で温度調整するのでスノーソーとスコップ必須。
ひきりなしに人が来て、常に10人弱ほど入浴してる感じ?

白馬鑓4
ちょっと縦溝あったけど最高!

白馬鑓5
雪が割れている所、沢の切れ目、デブリあとに気を付けながら滑降。
思った以上に滑りを楽しめました^^
この記事のURL | 毎月・例会山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170514 鍋倉山(県連春の交流山行)
- 2017/05/15(Mon) -
メンバー:にしやん、なかまゆ、記録れいこ
晴れ

8:50 出発
10:15 黒倉山と鍋倉山のコル
10:30 鍋倉山頂上
11:30 昼休憩の後、出発
11:45 黒倉山頂上
13:15 下山

長野、中野、大町、佐久からの参加で総勢約30名で山行しました。
お天気も良く、青空と雪とブナ林の緑のコントラストがすごく綺麗でした。
残雪の中、途中ぱっくりあいた穴に慄きつつ、順調に頂上へ。
鍋倉山での眺望も素晴らしく、遠く日本海まで見えました( ´ ▽ ` )
下山は、黒倉山からの稜線歩きも盛り込まれ、とても素敵な山行でした。
ありがとうございました(*^^*)


1486560637_191.jpg

1486522003_50.jpg

1486522003_175.jpg

1486560637_218.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170506 西上州 烏帽子岳
- 2017/05/15(Mon) -
CL:もぎけん
天気:晴れ後曇り

8:35 天狗岩登山口
8:50 廃小屋
9:10 天狗岩
   ~岩稜ルートを経て山頂へ~
10:40 烏帽子岳山頂
   ~横道ルートを経て下山~
11:55 廃小屋
12:05 天狗岩登山口

登りの岩稜ルートは、所々危ない岩場があったものの、
慎重に渡れば特に問題はありませんでした。
また、山頂に至るまで、妙義山~浅間山方面の景色を臨み、
山中にはアカヤシオがピンクに咲き乱れてました。
山頂にて、雨がポツポツと当たり始めたため、
横道ルートを使って急いで下山しましたが、
本降りになる前に登山口に辿り着きました。

52332042_2253568033_193large.jpg


52332042_2253568039_72large.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170502-03 玉山(台湾)
- 2017/05/09(Tue) -
メンバー:なみ、ゆーき

観光つきのトレッキングツアー参加してきました。

20170509_005909.jpg


5/1
9:30成田→(飛行機)→12:00桃園空港→(チャーターバス)→19:00阿里山 櫻山ホテル

5/2
6:00 近所の食堂でおかゆの朝食
7:30  阿里山
8:00  駐車場(ラストトイレ)
8:20  徒歩5分 排雲管理站で入山手続 パスポート確認
8:45  塔塔伽鞍部 登山口 までハイエース的な車で移動
15:00  排雲山荘
17:00 夕食
20:00 消灯

DSC02792.jpg
ツアー会社手配のランチ(阿里山のセブン特性)

20170502_100927.jpg
登山途中に2か所トイレあり。ただしきれいではない。。

DSC02799.jpg
いい感じのスラブにちょっと興奮ww

5/3
1:30  起床
2:00 おかゆの朝食
2:30 出発
5:00-30   玉山山頂
7:20 排雲山荘
7:45 温麺の朝食2
8:10 出発
12:30 登山口
登山口から車で10分のレストランで食事
台中に移動(3時間)してホテルに宿泊

DSC02801.jpg
食堂はこんな感じ。手前の銀色タンクにはたっぷりのお湯。

DSC02837.jpg

DSC02845.jpg
山頂でご来光と雲海を満喫。
諦めていた天気が好転しました\(^o^)/

5/4
台中→台北にバス移動
途中で皇池という温泉にたちよる
午後は普通に竜山寺やお土産屋さんなどの観光

DSC02867.jpg
このあとさらに4皿くらいでてきました。
量的には毎食こんな感じ。
全部おいしくて、毎回おなか一杯食べてしまい後悔・・・(カロリー)

5/5
午前中は博物館など観光
昼食に金品茶楼で小龍包などをたべて帰国
(私たちは2日延泊して自由行動)

20170505_120129.jpg
いっぱい歩いたのにデブになって帰国。

登山そのものは上高地入りの涸沢泊、北穂ピストン×0.8した感じでしょうか。
高山病にさえならなければ比較的楽なコースだと思います。
天気に恵まれ、最高の景色を満喫することが出来ました。

ツアーということで高くついてしまいましたが、
・平日限定外国人特別枠があるので玉山入山の抽選にあたりやすい
・外れたら支払いしなくていい
(抽選に外れたけど航空チケットがキャンセルできず、3年連続台湾という日本人に会った)
・いいガイドがつく?
・登山口までの移動手段を気にしなくていい
・人気のレストランで行列に並ばずに食事ができる
・日本人好みの場所に効率よく連れて行ってくれる
・ツアー仲間とのふれあい
メリットが多かったので総合的に正解だったと思います。
ただし天気が悪くても山荘までは行くみたいなのでそこは融通ききませんが・・・

1週間の非日常でリフレッシュできました!
また仕事がんばろ(*^ ^*)
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170504 唐松岳
- 2017/05/09(Tue) -
CL:なかまゆ
記録:チャーリー

8:40 八方山荘
9:20 八方池
11:40 唐松岳頂上山荘付近
12:00-12:50 山頂
14:30 八方山荘

駐車場は多府県ナンバーの車ばかり。
さすがの連休でゴンドラは混雑していて並ぶこと40分待ち
スキーヤーも多く半数以上。登山者も多く視界にはずっと登山者がいた。
ほとんどアイゼンは付けずに山頂直下のみ使った。

晴天で残雪の山々、景色に感動!
なんてすばらしい景色。贅沢な山行・・今日来れたことに感謝。。。

1485870888_143.jpg

1485870888_170.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170429-0501 尼厳とか小川山
- 2017/05/09(Tue) -
メンバー:さく、会員外

はじめての岩場、尼厳へ。
カムをワンセット揃えたので友達に連れてってもらった。クラック中心のエリア。ジャムむずかった。練習しないと…

翌日は小川山。
八幡沢のあたりへ行ってみた。
初めてのところは迷うけれど、わくわく感もある。
登ったあとは寒くも暑くもなくちょうどよい廻り目平で贅沢な時間を過ごす。
焚き火してだらだらして、夜は久々に見る満天の星たち。
二日目は朝から雨。パタゴニアのあとに入ったカラファテへ。シューズの数がはんぱじゃない。何十種類もある。旧モデルのお安くなったものもたーくさん。スタッフさんの話聞いてたらアナサジが欲しくなった。

1485861118_121.jpg

1485861118_222.jpg
この記事のURL | クライミング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170503-05 剣岳早月尾根
- 2017/05/09(Tue) -
CL:コゴドン、へい、さく、うま、まる(会員外)
天気:3日間ともに快晴無風

1日目:馬場島7:45~早月小屋13:40
2日目:早月小屋6:10~剱岳9:10~早月小屋12:10
3日目:早月小屋6:40~馬場島9:05

1日目は早月小屋まで荷揚げ。20㎏近い荷物を担いで標高差1500mは堪えましたが、苦労して担ぎ上げたビールが旨かった。

2日目はアタックで難所とされているのはエボシとハサミ。エボシは左からまき雪壁を前爪とピッケルのピックでよじ登る。ハサミは今回初めての氷の登場で前爪が良く効いて助かった。山頂は剱沢、小窓尾根、北方稜線から大勢集まって大賑わい。そして剱山頂からドロップするスキー、ボード、テレマーク。僕には出来そうもありません(負けた)。
下山のハサミは本当に怖かった。エボシはロープで懸垂下降で安心。その後は油断大敵とリーダーから再三の注意を受け、慎重に四つん這いになったりしながら無事に到着。13時から宴会

3日目は下山のみ。6時半出発というのに雪はグサグサ。アイゼンを脱いでの行動は楽で、登り6時間かかった行程を二時間半で下山。

快晴に恵まれとても楽しい山行となりましたが、雪稜初心者の私は先輩方にアドバイスを頂きながらなんとか帰ってこれたという感じ。スキーを履いてはいる山とはまた違う山に出会えた。早月小屋が営業しておりビールを調達できたのが良かったのか悪かったのか、皆さん満面の笑みでした。

1485738251_133.jpg

1485738251_87.jpg
この記事のURL | バリエーション | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170504 県連スキルアップ講習会(猿倉周辺)
- 2017/05/09(Tue) -
講師:佐久山の会 古川さん
講習生:まっちゃん、他労山会員3名

8:00 1日目の復習を兼ねて雪上歩行訓練。
9:00 雪上でのアンカー(支点)構築、確保技術。ロープを使った急斜面の登下降技術。反復練習
16:00 解散

スケジュールの都合が付かず2日目だけの日帰りでしたが、県連主催のスキルアップ講習会に参加してきました。
冬ならではの技術を教えて頂き大変有意義でした。
そして、参加の為、装備を貸して頂いたBUNさん、トレーニングにお付き合い頂いたうまさん、ありがとうございましたm(__)m

1485541672_205.jpg

1485541672_25.jpg
この記事のURL | 訓練・勉強会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |