170129_黒姫山
- 2017/01/29(Sun) -
メンバー:Lコゴドン、にしやん、KSO

【記録】天気:快晴、昼頃から晴れ
8:05大橋
10:20稜線
11:20山頂(山頂から南側に戻って遭対訓練)発12:20
13:20大橋

参加者3人になり、例会山行最低記録を更新してモチが下がったが、土曜からのトレースがしっかりして雪も締まっていたので普通に山頂まで行けてしまった。
山頂ではスキー場の北側から上小山岳会の人々が登ってきて、お互い記念写真を撮った。
その後、山頂からちょっと戻った場所で弱層テストとビーコントレの復習をして、登ったルートの東側から回り込むいつものルートを滑って下山した。
雪質も思ったほど悪くなかった。

1476811865_112.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | スキー&スノーボード | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170122_妙高前山(滝沢尾根)
- 2017/01/22(Sun) -
メンバー:Lへい、うま、くま、まっちゃん、コゴドン、もぎけん、にしやん、ゆーき

記録(ゆーき)
8:30      赤倉観光スキー場
8:40      ゴンドラ、リフト乗継(\1800)
9:15      リフトトップ
10:15-10:30 尾根が細くなる手前で休憩
10:50-11:00 前山
11:45-11:50 小休止
12:20     下山

前日は新年会?でボンクに泊まって15時前から飲み会。
ビール日本酒スパークリングワインと飲んだ結果、
数名二日酔いで妙高前山へ。

先週からの寒波で藪が埋まり、やっとまともに滑られるコンディションに。
昨日の降雪が落ち着いて重めの雪でした。

登りの前半は先行者のトレースをいただきまして、
途中で追い抜いて交代でラッセル。
うまさん、まっちゃん、やっぱり強い。
後ろから全然追いつけないまま山頂手前となり・・・
最後だけラッセルトーレニングのため、ちょっとだけ先頭をさせてもらいました。

前山から少し細い尾根を降りると疎林のいい感じのバーンになります。
やや右寄りにすべり、斜度が落ち着いてきたら左の方に行って沢を渡る。
ちょっと上り気味のトラバースでゲレンデ横に出られました。

ただ途中2か所で微妙にルートミスをして登り返すことに。
面倒がってシールつけないで登ったら余計につかれました。

滑りはまずまず面白くて、
トラックのないパウダーがずーっといっぱい!
ゲレンデだと早朝からリフトに並んでも1、2本で終了だけど
山に行ってトップでラッセルすればいつまでもパウダー。
(私は圧雪の方が疲れなくて好きなんだけど…)

だんだん転ばなくなってきたけど、まだまだ1番下手で、お荷物状態。
もっとうまく滑れるようになりたいと思いました。

RIMG0001.jpg
大所帯


RIMG0007.jpg
ゲレンデは晴れてたけど、山の天気はイマイチ


この記事のURL | スキー&スノーボード | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170107 鍋倉山スキー
- 2017/01/07(Sat) -
メンバー
CL:へい、おかと、ゆーき、こうちゃん(元会員)、YJM(会員外)

記録:ゆーき(時間は大体です)
8:00 温井
9:30 コゴドンガッカリバーン(R&Bでの通称)
10:00 鍋倉山
10:30 北面滑走→登り返し
11:45 黒倉のコルあたりから滑走
13:20 温井

冬には珍しい鍋倉の快晴。
いい景色で、登っていて気持ち良かったです。
今年も雪が少なくて、今になってシーズン初の山スキーとなりました。

雪は割と締まっていて、くるぶしラッセル。
滑るには楽だったけど、へいさんは物足りなそう。
私は相変わらずちゃんとターンできなかったけど、
なんとか楽しく降りてくることが出来ました。

そしておかとさんがテレマークを辞めて山スキーに転向。
これでテレマーカーがますます絶滅危惧種に・・・



偶然山スキーヤー?の管理人さんにばったり会って、
最近はマナーが悪く、仕方なく小屋周辺に入れないようにしたとの話を伺いました。
小屋の横にテントを張ったり、ゴミを置いていったり、昨年に至ってはガラスを割られていたとのこと。
休憩に調度良い場所でもあるので、し尿処理も苦労されているのだろうと思います。
本当は立ち入り禁止にしたくないけど・・・さすがに我慢できなかったようです。

道案内の赤い旗を大量に背負って、
歩きやすいコースをたどれるように目印をつけていってくれていました。
管理人さん、めっちゃいい人でした。

駐車場問題は地域で話し合い中らしい。
公民館を解放して、除雪費用を駐車料金として負担してもらう案も出ているとのこと。
人が増えすぎたんですねぇ・・・

RIMG0083.jpg
富山労山から2名参戦(というか、偶然一緒になったので合流した)

RIMG0085.jpg
小屋の手前で「立ち入りご遠慮願います」のフラッグ


RIMG0093.jpg
コゴドンガッカリバーンはまだ藪の中


RIMG0100.jpg
ピーカンの山頂、とってもきれい!
しかしまだ藪っぽい。雪少ないよ~


RIMG0104.jpg
黒倉とのコルから滑ってみる、この後埋まっていない沢と藪と重くなった雪で修業に・・・
この記事のURL | スキー&スノーボード | CM(0) | TB(0) | ▲ top
161126_表妙義
- 2017/01/04(Wed) -
メンバー:CLコゴドン、もぎけん
天気:晴れのち曇り

7:30 妙義神社
8:05 大の字
8:50~9:10 ビビリ岩
     岩に所々氷雪がこびり付いており、足場が滑る。
     小古井さん何とか登りきるも、もぎけん登り切れず撤退。
     一旦引き返し、エスケープルート(タルワキ沢コース)へ廻る。
10:50 タルワキ沢出合
11:30 タルワキ沢のコル
     ここから山頂まで雪あり。アイゼン無しでOK。
11:50~12:10 相馬岳山頂。途中から曇ってくる。
12:50 タルワキ沢出合
13:30 妙義神社

今回予定していた、ビビリ岩~大のぞき方面は諦めて引き返しましたが、
後でここを通った人に聞いたら、やはりビビリ岩以降も雪多く行かない方が良かったとのこと。
撤退で、モチベーションが下がりそうな所でしたが、
タルワキ沢より何とかピークハントは果たすことができました。
ただ、例会山行の下見ということでしたが…これは無しですね。(→蓼科山へ変更だそうです)

尚、今回こんな状態なのでそこまで達しませんでしたが、
鷹戻しは現在、はしごの破損により来年の3月まで通行止めとのことです。

1471534581_137.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
161126_黒斑山
- 2017/01/04(Wed) -
メンバー:CLゆーき、まなべ

記録
815 車坂峠
930-940 槍が鞘
1005 黒斑山
1040-1115 蛇骨岳
1245 車坂峠
雪がさらっさらでした。
ワカンもアイゼンもまだいらない。
トレースはしっかりありました。

あさま2000あいてますね。
早くスキーしたい( *・ω・)

1471259982_203.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
161112 常念岳
- 2017/01/04(Wed) -
メンバー:うま、へい、まっちゃん

5:30 長野
7:00 一ノ沢登山口
10:30 常念小屋
11:45 常念岳山頂
12:50 常念小屋
15:00 一ノ沢登山口

歩き出してしばらくして雪が着きはじめたがアイゼンは付けなかった。
先日の嵐の影響で、倒木や橋の崩壊が数カ所あったが、問題なく通過。
小屋~山頂の往復も吹き溜まりは雪深かったが、アイゼンは付けなかった。

天候に恵まれ、最高の景色が楽しめた。

1470061786_244.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
161204_天狗岳(12月例会山行)
- 2017/01/04(Wed) -
メンバー:CLコゴドン、へい、ohchan、かとう

0800唐沢鉱泉
0920第1展望台
1030第2展望台
1100東天狗
1120西天狗
1210黒百合ヒュッテ
1400唐沢鉱泉
各10分程度の休憩込み。

行動時間6時間
尖石温泉縄文の湯

 唐沢鉱泉8時登りだし、思っていたよりも暖かい。登りの樹林帯は岩の間に郡が張り付いている。歩きやすくはないがアイゼンはいらない。第1展望台の手前よりアイゼンを履くがなくても大丈夫。冬山トレーニングのために装着。
稜線にでも風がほとんどなく暖かい。12月の八ヶ岳なのに手袋はインナー、目出し帽も必要なし。景色は最高に良い。黒百合ヒュッテからは余裕があったのでパノラマコースの八方台方面から下りてみた。景色はなかったが苔の美しい登山道だった。行動時間6時間、帰りは尖石温泉縄文の湯に入る。充実の山行であった。
メンバーの方ありがとうございました。
この記事のURL | 毎月・例会山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
161120_五里ヶ峰(11月例会山行)
- 2017/01/04(Wed) -
メンバー:CLもぎけん、記録ohchan、にしやん、コゴドン、ナミ、とく、飯綱 烏天狗、mkuma

08:55 坂城神社
09:50 葛尾城趾
10:50 五里ヶ峰山頂
13:00? 坂城神社下山
登り始めは霧の中、山頂間近で雲の上に抜ける。標高1000㍍とはいえ見事な雲海が見れました。
リーダーのおでんをはじめ沢山のお裾分けをいただきました。紅葉も綺麗で晩秋の里山を満喫しました。
皆さん、お疲れさまでした。&ありがとうございました。

52332042_2236903179_20large.jpg


1470720530_9.jpg


52332042_2236903176_242large.jpg
この記事のURL | 毎月・例会山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
20161015 苗場登山(赤湯温泉山口館) 10月例会山行
- 2017/01/04(Wed) -
メンバー:CL記録あわきち、ゆーき、コゴドン、mkuma、ohchan、TKUC、見学のTさん

10月15日(土)
8:20  かぐらスキー場第2リフト町営駐車場
8:50  和田小屋
12:20 苗場山山頂
12:40 山頂出発
16:50 赤湯温泉山口館 着 

10月16日(日)
6:30 先発隊 赤湯温泉山口館 発
8:40 赤湯林道ゲート 着 
8:00 後発隊 赤湯温泉山口館 発
10:45 後発隊 林道ゲート 着

かぐら温泉側からスタートしましたが、天気に恵まれ、景色を眺めながらのんびり登りました。
ルートの長さを考えると、例会山行としてはスタート時間が遅かったことが反省点です。Oさんに帰りは後発隊のお迎えの運転をお願いし、登りと下りで違うルートを楽しむことができました。大沢さん、ありがとうございました。
宿泊のある登山でしたが、新人さんも含めて7名の参加がありました。山口館では、温泉や食事(特にごはんやきのこの味噌汁がとってもおいしかったです!)を堪能しました。ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!

1470218031_68.jpg


1470218412_12.jpg
この記事のURL | 毎月・例会山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
160924_巻機山米子沢(例会山行)
- 2017/01/04(Wed) -
メンバー:CLうま、あわきち、コゴドン、まっちゃん、記録もぎけん
天気:登り始め晴れ、山頂の方曇り

8:20  巻機山登山口(桜坂P)
8:30  米子沢入口
8:35  入渓(前回よりも約20分程早い)
9:10  休憩。標高約1000mの分岐。
10:15 5m程の滝。ロープ出す。標高約1200m
10:35 休憩。標高約1250m
12:00 休憩。ナメ滝の連続始まる。
    前回以上に、かなり滑った。流れも速い。
12:50~13:15
遡行終了。着替え休憩
13:20 避難小屋
(ここからコゴドンのみ巻機山山頂へ。六合目にて合流)
13:25 ニセ巻機山
    下山道はぬかるみが多く、靴は泥だらけに。
14:05 六合目。休憩。
14:35 五合目。登ってきた米子沢の絶景。
15:15 巻機山登山口

前日までの雨の影響により、前回よりも水量も多く、
同じルートでも、また違って見えました。
けど、こういう変化があるのも沢登りの醍醐味なのでしょうか。
今回は先頭も歩かせてもらい、後ろ歩いているのと違って、
ルートファインディングの難しさを実感しました。
来年はもっと経験を積んで、沢登りを楽しみたいですね。

山登る前に(道の駅にて)事故があった時は、どうなることかと思いましたが、
山行中はケガもなく、楽しい山行となりました。
リーダー始めメンバーの皆さん、お疲れ様でした!

52332042_2229291038_20large.jpg


52332042_2229291033_31large.jpg

この記事のURL | 毎月・例会山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
160903~04 中ノ岐川灰ノ又沢
- 2017/01/04(Wed) -
メンバー:CLこうちゃん、へい、あわきち、記録ゆーき、YJM

9/3
7:55 林道入り口
8:45-9:05 はいのまた橋 入渓
9:30-10:00 F1 5m滝 トポは左岸だが、間違って右岸からまく。草つきの泥壁、一応ロープだした。
10:50-11:05 6m滝の上で休憩 右岸を楽に巻けた
11:20 20m4段滝
12:00-12:15 小滝に淵のところ 休憩
14:00ごろ 二股より200m下部の左岸 テン場

9/4
5:00 起床
7:00 出発
7:50 小滝が連続する。二俣を右へ
8:20-35 二俣を右へ。右壁は難しいので一度左から登って右へ入る。
9:45-10:00 水枯れ 小さな二俣?を右へ
11:15-12:00 荒沢岳山頂
12:50-13:05 鎖場が連続する。休憩
14:00-14:15 休憩
15:00 荒沢岳登山口

9時ぐらいに着いた6mくらいの滝は左壁から灌木を頼りに登った。直登するなら、上部に1ヶ所微妙なところがあるので手の甲サイズのカムで確保が必要。
水枯れのところを右にいったら、山頂から南東に伸びる稜線にでてしまい、30分程度笹や木の藪こぎになった。
最後に1.5リットル水をくんだが、暑かったので少し足りなかった。
下山は鎖や梯子が連続してなかなか楽しい感じ。

あわきちさんが誕生祝いに抹茶プリンをつくってくれて嬉しかった。
やっぱり泊まりの沢登りはいいなと思いました。

1463513991_81.jpg


5754728_2226983699_89large.jpg


5754728_2226983726_161large.jpg
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
160827 大ベタテ沢右俣
- 2017/01/04(Wed) -
メンバー:CLへい、コゴドン、あわきち、記録にしやん

天気:曇り時々晴れ

7:00 万太郎本谷駐車場
7:40 大ベタテ沢合流
8:10 二俣を右へ
8:30 5段60m滝
9:30 スラブ滝
11:00 沢最上部
11:30 登山道
12:40 駐車場

行きの車中はキャンディーズのベスト。へいさんの頭の中で歌がぐるぐる回っていたとのこと。
駐車場から林道を少し歩いて万太郎本谷に入渓、昨日の雨の影響で水量は多い。
標高820mでベタテ沢合流、合流部は狭く暗いが、仰ぎ見るとゴールの稜線やスラブが見える。木の多い暗い沢をナメ滝を越えて二俣、右俣に入った。5段60m滝は主に左岸を巻いた。薮が濃いのでトラバースが大変。水流に戻り細かな滝が連続する。スラブ滝、ネットの記録には20mとあるが、全体では60mくらいでこの滝が本渓のメイン。ロープを出して水流の左を市川さんリード、フリクション効かせて登攀。この上流にも小滝が連続してありほぼ直登。沢が切れたあとは急斜面の灌木帯を藪漕ぎ、ここもあわきちさんにがんばってもらい約20分で登山道にでた。
装備を解いて、滑りやすい吾策新道を1時間で駐車場に着。

行程は短いものの、滝が連続し充実した沢登りでした。
岩の湯で入浴の後、8月最終日曜にふさわしい「さよなら夏の日」を聞きながら飯山へ。

1462582699_107.jpg
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
160806_火打山(8月例会山行)
- 2017/01/04(Wed) -
メンバー
CL:もぎけん
記録:うま
ochan、コゴドン

6:30 キャンプ場
7:10 黒沢橋
7:30-7:45 十二曲がり尾根付近で休憩
8:15 分岐
9:00-9:10 天狗の庭にて休憩
10:00-10:40 山頂
11:40-12:00 高池谷フュッテにて休憩
12:55-13:05 十二曲がり尾根付近にて休憩
13:55 キャンプ場下山

みぎけんさんの山頂座プライズがさらにバージョンアップしました。
小古井さんもビックリ、今回はアイスクリームでした。
暑い中、アイスよりもはるかに重たい保冷材を担ぎ上げてくれたリーダーに感謝、美味しかったです!

52332042_2225676894_168large.jpg


この記事のURL | 毎月・例会山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |