FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
180630-0701 稲子南壁・小同心
- 2018/07/10(Tue) -
メンバー:korhnd

1日目 土曜晴れ時々曇り時々ガス時々風
7:00 桜平
8:00 オーレン小屋 テント幕営
10:50 中山峠 稲子への取付きへ迷う
12:10 稲子南壁取付き
14:40 登攀終了 休憩
15:30 一般道合流
17:30 オーレン小屋

2日目 夜一時雨、日曜晴れ
5:40 オーレン小屋
6:30 赤岩の頭
7:20 大同心沢分岐
8:40 小同心取付き
10:20 登攀終了 休憩
11:00 横岳
11:50 硫黄岳
13:00 オーレン小屋 テント撤収 休憩
14:30 桜平

登攀だけなら稲子湯から稲子南壁、美濃戸、赤岳鉱泉から小同心、
らしいのですが、体力も鍛えたいし、中間地点のオーレン小屋に幕営することに。
ってなことを考えたせいで、登攀よりガチャ背負って縦走がメインになってしまいました。

一日目は箕冠山根石岳東天狗とピークを踏む。
稲子南壁の一般道からの踏み跡までちょっと迷うが、テープの目印を見つければ行ける。
登攀終了地点から上部はコマクサの群生地でバリケードが。ゲートを潜り踏み後を下る。
一日目は寝不足もあってヘロヘロになり、山で入浴っていう夢も叶えることなく速攻寝ました。

二日目は疲れの残るダルさで登り赤岩の頭のピークを踏みそして下る。
大同心沢分岐の看板から一般道を外れ沢沿いの踏み後を尾根沿いに辿り、
大同心の根元からトラバースして取付き。全て踏み後アリ。
取付きにはボルト等はナシだが、広いテラスなのでゆっくり準備が出来た。
登攀終了後は左へトラバースも出来るそうだが、そのまま横岳へ突き上げる。
山頂から大同心を登攀している人たちを見ながら、次はあっちへ行きたいと願う。
硫黄岳のピークも踏み、八ヶ岳の景色を堪能しました。

稲子南壁も小同心クラックも、どちらも高度感あってサクッと登れて楽しい登攀でした。
ホールドも多くハーケンもあり支点もしっかりしていて、ロケーションも素晴らしい!

1519367347_150.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | クライミング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
180602-03 錫杖 左方カンテ 3ルンゼ
- 2018/06/10(Sun) -
メンバー:korhnd、会員外3名

1日目
7:00 槍見駐車場
8:30 錫杖沢出合テント幕営
10:00 左方カンテ登攀開始
14:00 終了 休憩
16:30 テント場

2日目
5:00 テント場出発
6:30 3ルンゼ登攀開始
13:00 コル到着
14:30 テント場帰着 休憩 撤収
16:30 槍見駐車場

左方カンテは四人2パーティにて登攀。
1日目ペアの相手は11クライマーなので1・3ピッチのみリードでセカンドでラクラク楽しませていただきました。
当初の計画は烏帽子山頂まででしたが、計画リーダーが行けなくなったため、
錫杖出合で幕営して荷物を軽くしクライミングを楽しもうと計画変更になりました。
核心は注文取付きに下山時。
残雪があり、雪の上に乗ったら崩落しました。
本当は次の日見張り塔の予定でしたが、このため中止に。

次の日は別パーティは注文と、ペアを変えて私は3ルンゼへ。
去年アブミ無しで敗退したのでリベンジのペアです。
ルンゼの中は寒く日向がないので夏向きかもしれません。
核心のアブミルートで既存のハーケンにかけたアブミに体重移動した際岩ごと落ち、
ペア相手が半グランドフォール。ビレイに気を遣っていたものの、防げなかったことに反省。
ってか岩ごと剥がれるって怖い!
ビビりまくった私は敗退を提案しますが、もう一度敗退はあり得ないのか登攀継続。
チョックストーン登攀完了時は本当に嬉しかったです。
その後はコルを抜け懸垂、残雪トラバース、下降路。
下山ルートが実は一番不明だったので不安でしたが難なく降りて来れました。
宿題を一つ片付けられて大満足の3ルンゼでした。
でもリードはまだまだ難しいです。
特に3ルンゼは支点が全て怪しく、下山の懸垂も冷や汗ものでした。

1517296695_27.jpg

1517296695_103.jpg

1517296695_204.jpg
この記事のURL | クライミング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
180603 稲子岳南壁
- 2018/06/10(Sun) -
メンバー:コゴドン、KAZU

0718 稲子湯上駐車場
0816 みどり池
0911 稲子岳南壁左カンテ基部
1046 登攀終了点
1253 稲子湯上駐車場

全5ピッチ。
先行パーティーが1組(3人)いましたが、2ピッチ目終了点で先を譲ってもらいました。
快晴の中、気持ち良く登ることが出来ました。

1517196468_215.jpg
この記事のURL | クライミング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170717 小同心クラック
- 2017/07/20(Thu) -
メンバー
CL:コゴドン 記録:はやし れいこ

7:10 赤岳山荘
7:40-9:00 赤岳鉱泉
10:20 小同心基部
13:00-13:40 横岳
15:00 赤岳鉱泉
16:10 赤岳山荘

今回は、私からリーダーに頼んで岩登りのリードとロープの練習の為に連れてきてもらった。
リードも初めてなら、2人を引き上げるのも初めて。
一番心配だったのは支点作りとロープさばき。
今回は4Pあり、オールリードで登ったので反復練習が出来、
後半は少しづつ要領も掴んでスムーズに出来るようになった。
折角覚えてきたので間を置かずに年内にもう一度岩に行ってみたい。

3年振りの岩だだったので、1P目はさすがに緊張したが、
2P目以降は段々と楽しみながら登れるようになり、3P目はチャレンジもできた。
ホールドはガバが多いものの抜けそうでなかなか体重をかけられず慎重になってしまった。

反省点として、言い出しっぺにもかかわらずロープ50mところを、間違えて30mを持ってきてしまい大ヒンシュク。
CLが機転を利かし1P目を途中で切って変則的なピッチを組み立ててくれた。
今回はCLが熟知したルートだったために大事には至らなかったが、
未知のルートであればだ致命的なミスに繋がったかもしれない。大反省でした。

新人のれいこさんは騙された挙句にクライミングシューズまで買う羽目に。
前日は緊張の為に眠れなかったようだったが、登ってみれば満面の笑顔。
この先が楽しみです。

リーダー、本当にありがとうございました。
また次回もよろしくお願いします。

1492441271_171.jpg

23934353_2259884764_134large.jpg
この記事のURL | クライミング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170618 小同心クラック
- 2017/06/20(Tue) -
Tさんのご厚意で、しらびそ山の会の山行にお邪魔しました

メンバー
しらびそ山の会 3名(CL:Tさん、Kさん、Wさん)
伊那山仲間 1名(Mさん)
R&B ゆーき

記録 (あやふや)
5:30ごろ 美濃戸山荘
6:30ごろ 橋のところで休憩
7:20-30 赤岳鉱泉
8:15-25 大同心基部手前で休憩
8:50-9:05 小同心基部
9:05-10:40 クライミング
10:40-11:20 一般道と合流 休憩 
11:30 横岳
12:30 赤岳との分岐
13:00-20 行者小屋
15:00ごろ 美濃戸山荘


土曜の方が天気が良かったせいか、駐車場は割とすいていました。
\1000/1台

Tさんに鳥や花の名前を教えてもらいながら、
それと同時に忘れながら基部まで良いペースで歩きます。
大同心稜バリエーションルートとはいえ超メジャーなので踏み跡ガッツリです。
もちろん鎖や階段などは一切なく、一般道よりも浮石が多い印象です。
ルート上の雪はほぼ消えていました。

5人なので2人と3人に分けてロープを組む。
Tさんリードで、Wさんとゆーきがフォロー。
KさんとMさんがつるべで。
(祝・Kさんアルパインリードデビュー)

昨年からずっとサボっていたクライミング。
グレードは高くないとはいえ、岩が脆いのが怖くって。
下部パーティに落とさないよう、慎重に登りました。

セカンドなので割と余裕があり、クライミングしながら花を楽しめました。
あー楽しかった(*^ω^*)

RIMG0040.jpg
この記事のURL | クライミング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。