150920 槍ヶ岳 北鎌尾根
- 2015/10/12(Mon) -
【記録】
9/20
松代PA集結(3:20)-沢渡BT発(5:20)-上高地BT発(6:10)-徳沢(8:00)-横尾(9:00)
ババ平11:00)-大曲(11:30)-水俣乗越(12:20)-北鎌沢出合着(13:40)
9/21
起床(3:00)-行動開始(4:40)-北鎌稜線(6:35)-独標(8:40)-北鎌平(11:10)-穂先(12:00)-
肩の小屋着(12:30)-ババ平着(15:05)
9/22
起床(5:00)-行動開始(6:40)-横尾(7:50)-徳沢(8:45)-河童橋(10:00)-沢度BT(10:40)

1日目
水俣乗越からの下り始めは、急な上に足元の土砂がどんどん崩れ、下の人がいたため非常に歩きずらかったのですが、人がたくさんいたため、迷わずに北鎌沢出合にたどり着きました。出合はテント30張以上、100人近い人がいました。北鎌沢はきれいな水が豊富で、砂の平地もあり、とても居心地の良いテン場になっていました。
2日目
渋滞に巻き込まれないように暗いうちに出発。北鎌沢を右へ右へと登り、最後の草地を踏み跡を辿って左に上がり、北鎌のコルより先の稜線上に出ました。北鎌沢上部から、ほとんどが登山道のようになっており、どこまでいっても誰かがいたたいめ、ほとんど迷いませんでした。基本的に人の歩いた跡を辿りましたが、稜線の下のほうを巻いている道も多く、基本的に稜線上を歩くという会長のアドバイス従って、離れそうなときは岩場を登って稜線へ戻りながら進みました。独標を右に巻いて途中から頂上へ登ると、槍ヶ岳がそびえたつのが見え、感動的でした。岩場はロープを出す必要もなく登れましたが、続々と後ろから人が登ってくるので、絶対に落石できない状況もあり、非常に気を使いました。ざれた岩場もあまり歩きなれていないため、苦戦しましたが、青空の下、とても楽しく歩けました。最後の槍の基部あたりバテ気味になりましたが、無事に穂先へとたどり着きました。頂上は混雑していましたが、運良く30分くらいで下りてくることができたため、予定を変更してババ平まで下りてきました。
3日目
帰りの渋滞に巻き込まれないようにちゃっちゃと歩いて10時に河童橋にたどり着きました。
3日間天候にもテン場にも恵まれ、ものすごい混雑もうまくすり抜け、とても運が良かったです。あまりにも人が多くてバリエーションらしさがほとんどありませんでしたが、念願の北鎌は景色も最高で、体力的にきつい部分もありましたが、充実感のあるとても楽しいルートでした。思い切って提案して本当に良かったです。経験者お二人がいたからこそ実現できた山行です。コゴドンさん、マル山さん、ありがとうございました。no.15さん、情報提供、アドバイスありがとうございました。

kitakama01.jpg

kitakama03.jpg

kitakama02.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | アルパイン・クライミング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
150811-12 上高地~奥穂~西穂~上高地
- 2015/08/23(Sun) -
8月11日
6:25 沢渡BT発
7:10 上高地出発
9:05 徳沢
10:45 中畠新道分岐 松高ルンゼ
13:10 奥又白池

8月12日
5:10 奥又白池発
7:00 5,6のコル  
北尾根5,4,3,2峰 夢中になりすぎて記録なし、すみません
12:26 前穂山頂
14:45 岳沢小屋
15:50 風穴
16:50 上高地BT着
17:50 沢渡BT着

アルパインクライミングデビュー山行になりました。3峰からロープをだしました
が、リードも経験でき登頂時の達成感は今までとは比べものにならないほど大きかったです。大きな岩が微妙なバランスで積み上がっているところが多くて、それが動いたりとこわい部分もありましたが、練習の成果もあり落ち着いて登れました。また練習を重ねて次の山に挑戦したいです。 

さくくん、装備、車等ありがとうございました。アドバイスとても役立ちました。no.15さん、これまでの練習も含めて丁寧に指導してもらいありがとうございました、また新たな景色を見ることができました。これからもよろしくお願いします。

kitaone01.jpg

kitaone02.jpg

kitaone03.jpg
この記事のURL | アルパイン・クライミング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
150704 北八ヶ岳稲子岳南壁
- 2015/07/17(Fri) -
CL:コゴドン、まつしま

記録

稲子の湯発 8:00→しらびそ小屋発 9:00→南壁 9:50→取り付き 10:20→先行パーティがいた為待機→終了点 11:15→しらびそ小屋 12:40→稲子の湯着 13:30

天気予報がコロコロと変わる中、リーダー判断で土曜日に決行。登りはじめで少し霧雨があったぐらいで済みました。さすが会長!
ただ、終日曇りで、いつ雨が降ってもおかしくないような天気。

会長から指導して頂きながら、なんとか登攀終了。登攀中は風が強く、寒かったです。
途中先行パーティがいたので、3、4ピッチで待ち時間がありました。

一般道への戻りは、赤テープが所々にあり難なく戻れました。

帰りに八峰の湯に寄り、松代PAにて解散しました。

会長には、技術が未熟でたくさんご迷惑をおかけしましたm(__)m
自分のようなド素人を指導して頂き本当にありがとうございました。

講習会などで習ったことが岩場で実践出来たので、とてもいい経験になりました。

稲子01

稲子02

稲子03
この記事のURL | アルパイン・クライミング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
20140629八ヶ岳・稲子岳南壁左カンテ
- 2014/07/02(Wed) -
メンバー:こごどん、no.15、うま、おたか、ナミ、なな
 
最近うちの会の若手が岩にやる気があってとても嬉しく思います。
みんなで少しずつレベルを上げて行きたいというところ。

・・・ということで、今回は八ヶ岳でアルパインの練習です

1545720_659230380836567_300279755715965518_n_convert_20140702153237.jpg

4ピッチ目からポツポツと雨が降りはじめヒヤヒヤしましたがあっという間の5ピッチ。

10338470_586539238127181_121308871518514398_o_convert_20140702153030.jpg 10519197_586539298127175_5958356336458191053_o_convert_20140702153224.jpg 10430822_659230504169888_930896951849607483_n_convert_20140702153046.jpg fc2blog_201407021547308f3.jpg 10498218_586539224793849_1429433342351640054_o_convert_20140702153125.jpg

過去の記録ではビレイ点はリングボルトと書いてありましたが、真新しいペツルのボルトがしっかりと打ってありました。しかし浮石はやな感じですね~。。

10511360_659233350836270_3771526524569181816_n_convert_20140702153206.jpg

わが会のゆるキャラ、こごどんのネタ話で盛り上がり(?)和気あいあいととても楽しい山行でした

この記事のURL | アルパイン・クライミング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
140504-5白馬杓子岳双子尾根
- 2014/05/09(Fri) -

メンバー:コゴドン、へいさん、サクラダン、ochan

140504-5白馬杓子岳双子尾根

140504-5白馬杓子岳双子尾根
この記事のURL | アルパイン・クライミング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ