170528 白馬岳スキー
- 2017/06/01(Thu) -
メンバー:CLまっちゃん、コゴドン、記録もぎけん
天気:晴れ

6:25 猿倉登山口
7:15 白馬尻 ~シール歩行開始~
8:10 休憩
9:00 スキーを外し、ツボ足歩行に。
    登り途中、50㎝程の落石あり。
9:45 休憩
11:10 山頂小屋 ~空身で山頂へ~
11:40 白馬岳山頂
12:10 山頂小屋 ~滑走開始~
12:40 白馬尻 ~滑走終了~
13:40 猿倉登山口


アイゼン、ピッケルは一応持参したものの、使用せず。
小屋~山頂までの道は、雪がなかったため、
スキー靴では歩きにくく、トレランシューズ持っていった方が良かったかも。
山頂は劔方面の山々や雲海、360℃素晴らしい景色でした。
大雪渓上は、落石跡や小石が所々あり、板は傷だらけ、
またクレパスも1箇所あり。
小屋~白馬尻まではほぼ休憩なしで滑走したものの、
雪質は大変重く、滑りにくかったため太腿のパンパンでした。


52332042_2255396184_153large.jpg

52332042_2255396183_151large.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | スキー&スノーボード | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170521 針の木岳 山スキー
- 2017/05/21(Sun) -
メンバー
CL:まっちゃん、うま、KSO、コゴドン、親分、にしやん、もぎけん、記録ゆーき

6:40 扇沢
7:45-7:55 大沢小屋付近
8:40-9:00 休憩
9:35-9:50 マヤクボ沢出合 これより斜度上がる
10:55-11:15 急登が一端終わったところ
11:50-12:10 稜線
12:15-12:25 山頂
12:30頃 ドロップ
うまさん、まっちゃん、KSOは山頂直下のルンゼ
にしやんはちょっと登ったところの良い斜面
他は稜線よりそのまま
13:10-13:20 マヤクボ沢出合
14:25 扇沢

・マヤクボ沢出合より下部は巨大デブリ地帯
・出合上部~稜線は斜度30度以上が続く
・雪はグサグサで先行者のステップを使って登る

必要な装備は人によりけり。
親分はアイゼンピッケルなし。大沢小屋より少し上からずっと板を担いで登る。
私はスキーアイゼンで出合まで登り、そこからは担いで、途中からピッケル使用。
うまさん、まっちゃんはシールとスキーアイゼンで稜線前の急登以外はうまく登っていたようです。

相変わらず急斜面と不整地にビビりながらも、充実感のある山行で楽しかった!
来年は急斜面と不整地の練習しなきゃ。
と、古い板のビン付け替えて春スキー用にします。
板が傷だらけ(-"-)

20170521_100051.jpg
けっこうな急斜面が続く


20170521_110804.jpg
ピーカンで景色抜群でした^ω^


20170521_121101.jpg
山頂直下の超急登。一瞬なので問題なし。

52332042_2255396942_29large.jpg
滑り手さんたちは中央のところを滑走。
ヘタレな私は左に逃げました_(:3」∠)_

52332042_2255396936_132large.jpg
下り後半はデブリだらけで楽しくないのよ。。


170521針の木
スマホアプリが優秀すぎて言うことないです。

この記事のURL | スキー&スノーボード | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170423 火打山 惣兵エ落谷スキー
- 2017/04/29(Sat) -
CLこうちゃん(富山労山)ほか5名、まっちゃん、にしやん

天気:快晴、弱風
6:20 笹ヶ峰
8:45 富士見平
11:20 火打山頂
12:00 南面台地(休憩)
13:00 林道
13:55 笹ヶ峰

こうちゃんリーダーの富山労山パーティに合流させていただく。
黒沢は雪が十分だが硬くスキーアイゼン使用、富士見平でシール外してカリカリの斜面をトラバース。山頂へは富山労山の70歳超(?)の元気な会員に引っ張ってもらう。山頂は20人ほどの賑わい。
影火打のコルまではカリカリの斜面をおとし、南面台地への長大な斜面を滑走、フィルムクラストと柔らかいザラメが気持ち良い。台地で火打を振り返って雄大な景色と滑走に満足(写真)。
休憩のあと惣兵エ落谷へ、サクラ谷との出合で沢を渡り、斜度を稼いで林道まですべり、シール歩行で駐車場へ。黒沢橋まで除雪済み。

1484596184_90.jpg
この記事のURL | スキー&スノーボード | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170402 守門岳(大岳)山スキー
- 2017/04/10(Mon) -
CL:山ちゃん(会員外)とその友達3名、ゆーき
※会員外との山行ですが、備忘録として。

7:45 二分除雪終了点(既に30台以上の車!)
9:30 長峰
10:00-10:10 保久礼小屋
10:40-11:00 避難小屋
12:00-12:20 大岳
→登ったルートを滑る予定でしたが、雪がギタギタなのと人が多すぎたので別の尾根へ。
13:10-13:40 保久礼小屋
13:50 長峰
14:40 二分除雪終了点

春スキー&東洋一の大雪庇で人気の山だそうです。
結構な人数(30名の団体とか^^;)が入山しており、歩きとスキー半々ぐらいでした。
ボーダーもいましたが、今回のルートはトラバースが多いので別の方向に行っていました。

危険個所や難しいところがなく、山頂がかなり広いので大人数でも大丈夫そう。
例会山行候補地にと思っていましたが、標高差1000mで登り4時間半、スキーで下り2時間。
そもそも魚沼が遠すぎるのでイマイチ?

森林限界以上はクラスト雪がちょっと溶けた感じで良く滑る
沢を渡る一番微妙な所でストップ雪(妖怪 足つかみババァと呼ぶらしい)
下は出来かけのザラメで、まぁ…

中途半端な時期の降雪はいらない(-_-)


守門BC

20170402_123404.jpg

20170402_113019.jpg

20170402_122837.jpg
この記事のURL | スキー&スノーボード | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170408 鍋倉山スキー
- 2017/04/10(Mon) -
メンバー:CLにしやん、コゴドン、へい
天気:晴れから曇り

8:40 温井
11:20 山頂
12:20温井

温井にはすでに車が多くいつもより離れて駐車。池まで除雪が進んでいたが通行止め。
田茂木池の南で早々に沢をわたり、小屋の南側を歩いていつもの尾根に取り付く。
雪はザラメになりかけで沈むことはないが、滑る時は少し足をつかまれた。
山頂にはすでに数人の先客あり、春山スキーの最盛期という感じ。
滑走は南面をトラバース気味に滑って尾根に戻り、新ルートの開拓を目的に登行ルートの南の尾根を下降。
開けた斜面には数カ所デブリがみられた。

1483289196_194.jpg
この記事のURL | スキー&スノーボード | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ