170423 火打山 惣兵エ落谷スキー
- 2017/04/29(Sat) -
CLこうちゃん(富山労山)ほか5名、まっちゃん、にしやん

天気:快晴、弱風
6:20 笹ヶ峰
8:45 富士見平
11:20 火打山頂
12:00 南面台地(休憩)
13:00 林道
13:55 笹ヶ峰

こうちゃんリーダーの富山労山パーティに合流させていただく。
黒沢は雪が十分だが硬くスキーアイゼン使用、富士見平でシール外してカリカリの斜面をトラバース。山頂へは富山労山の70歳超(?)の元気な会員に引っ張ってもらう。山頂は20人ほどの賑わい。
影火打のコルまではカリカリの斜面をおとし、南面台地への長大な斜面を滑走、フィルムクラストと柔らかいザラメが気持ち良い。台地で火打を振り返って雄大な景色と滑走に満足(写真)。
休憩のあと惣兵エ落谷へ、サクラ谷との出合で沢を渡り、斜度を稼いで林道まですべり、シール歩行で駐車場へ。黒沢橋まで除雪済み。

1484596184_90.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | スキー&スノーボード | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170402 守門岳(大岳)山スキー
- 2017/04/10(Mon) -
CL:山ちゃん(会員外)とその友達3名、ゆーき
※会員外との山行ですが、備忘録として。

7:45 二分除雪終了点(既に30台以上の車!)
9:30 長峰
10:00-10:10 保久礼小屋
10:40-11:00 避難小屋
12:00-12:20 大岳
→登ったルートを滑る予定でしたが、雪がギタギタなのと人が多すぎたので別の尾根へ。
13:10-13:40 保久礼小屋
13:50 長峰
14:40 二分除雪終了点

春スキー&東洋一の大雪庇で人気の山だそうです。
結構な人数(30名の団体とか^^;)が入山しており、歩きとスキー半々ぐらいでした。
ボーダーもいましたが、今回のルートはトラバースが多いので別の方向に行っていました。

危険個所や難しいところがなく、山頂がかなり広いので大人数でも大丈夫そう。
例会山行候補地にと思っていましたが、標高差1000mで登り4時間半、スキーで下り2時間。
そもそも魚沼が遠すぎるのでイマイチ?

森林限界以上はクラスト雪がちょっと溶けた感じで良く滑る
沢を渡る一番微妙な所でストップ雪(妖怪 足つかみババァと呼ぶらしい)
下は出来かけのザラメで、まぁ…

中途半端な時期の降雪はいらない(-_-)


守門BC

20170402_123404.jpg

20170402_113019.jpg

20170402_122837.jpg
この記事のURL | スキー&スノーボード | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170408_鍋倉山スキー
- 2017/04/10(Mon) -
メンバー:CLにしやん、コゴドン、へい
天気:晴れから曇り

8:40 温井
11:20 山頂
12:20温井

温井にはすでに車が多くいつもより離れて駐車。池まで除雪が進んでいたが通行止め。
田茂木池の南で早々に沢をわたり、小屋の南側を歩いていつもの尾根に取り付く。
雪はザラメになりかけで沈むことはないが、滑る時は少し足をつかまれた。
山頂にはすでに数人の先客あり、春山スキーの最盛期という感じ。
滑走は南面をトラバース気味に滑って尾根に戻り、新ルートの開拓を目的に登行ルートの南の尾根を下降。
開けた斜面には数カ所デブリがみられた。

1483289196_194.jpg
この記事のURL | スキー&スノーボード | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170401 神奈山スキー
- 2017/04/03(Mon) -
メンバー:CLコゴドン、へい、記録KSO

8:00出発
11:00山頂手前1800m
11:30滑走
12:00登り返し
12:40滑走
13:20下山

天気は曇り。
標高を上げるに連れて霧が濃くなる。
山頂手前付近では一時的に雲の上に出た感じになるがそのうち霧に包まれる。
少しの間だけ妙高山が見えたがそのうち隠れてしまった。
晴れるのを待ちましたが改善しない為滑走にうつる。
視界が悪すぎてなかなか滑りを楽しめなかったがいいトレーニングになりました。
こごいさんに感謝です。
ありがとうございました。m(_ _)m

1482568717_253.jpg
この記事のURL | スキー&スノーボード | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170326 三田原山スキー
- 2017/04/03(Mon) -
天気:曇り&ガス
メンバー:CLコドゴン、へい、記録もぎけん

8:30-9:00 ゴンドラ・リフト乗り継ぎ
9:00 リフトトップ
9:10 登り始め
10:15 稜線着
10:30 滑走開始
11:00頃 休憩
12:00 杉ノ原ゲレンデ着
12:20 駐車場着

登りは前日客のトレースを辿るも、所々滑って登りにくい所あり。
稜線に着いた時にはガス多く、景色なし。
モナカ雪の滑走は、非常に滑りにくく、
何度も転倒しながら、時には板が外れながら、
ボーゲン、斜滑降にて滑り降りました。

こんなに滑りにくい雪質は初めてだし、
おかげで登りより下りの方が時間が掛かりました。
最後は、最終日の杉ノ原スキー場のゲレンデで、うっぷんを晴らすように滑走。

最悪のコンディションの中、お疲れ様でした。
それにしても、体中が痛い(⁻_⁻;)

1482001277_38.jpg
この記事のURL | スキー&スノーボード | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ