170325 霊山寺山
- 2017/03/26(Sun) -
メンバー:CLチャーリー、ゆーき、会員外1

8:15 登山口
9:30 引き返して尾根に取りつく
9:45-9:50 休憩
10:55-11:05 休憩
12:25-13:10 霊山寺山
14:10-14:20 休憩
15:05 登山口

集合場所を間違えて(すみません…)スタートが遅れました。

金曜の夜から降った雪でまたもや脛ラッセル。
旧雪と新雪の結着が悪く、滑って歩きにくかったです。

歩きやすい道をまっすぐに行ったら通るはずのない堰堤があり、道間違いに気づく。
地図とGPSで現在地を確認して、
少し引き返して傾斜のゆるいところから尾根に取りつきました。

下界は晴れていましたが、山はガスの中。
稜線付近で晴れてきて眺望を楽しめました。
のんびり昼食をとって下山。

下りではワカンについた雪団子と緩んだザラメに苦しめられ…。
いいトレーニングになりました。
ありがとうございました。

1481958218_212.jpg

1481958218_241.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170319_笠岳
- 2017/03/20(Mon) -
メンバー:CLチャーリー、なかまゆ、ゆーき

8:45 ヤマボク駐車場
    スキー場 南の尾根沿いに登る
10:15 林道にでる
10:50-11:00 茶屋 休憩
11:30-11:45 笠岳
12:00-12:20 茶屋 休憩
        林間コース沿いに下山
13:50 ヤマボク駐車場

晴天のもと春山ハイキング…のはずが、ガスと強風と膝ラッセルの冬山登山に_(:3」∠)_
まさかの今年一番のラッセルでした。
リフトを使わずに歩いたので、ちょうどいい運動量。

七味温泉がとてもいいお湯でした(*´ω`*)

yamaboku.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170225 烏帽子岳(地蔵峠コース)
- 2017/03/06(Mon) -
メンバー:CLとく、チャーリー、会員外1名

天気ー晴れ  気温ー -?℃

9:20 地蔵峠P
10:00 中分岐
10:50-11:00 烏帽子ー湯の丸 鞍部
12:15 烏帽子山頂
12:25 山頂手前稜線付近で昼食
12:50-14:00 小烏帽子
15:45 地蔵峠P


出発時間が少々遅めでしたが晴天の烏帽子を満喫できました
午後になっても気温が上がらず樹氷が溶けずに綺麗でした

浅間の噴煙が普段よりかなり多いようすでしたが気温の影響なのでしょうか。

小烏帽子の山頂付近では、西へ延びる尾根が2本ほどあり、地図をみるとぜひ訪れてみたい尾根です。
あの山この山と先週登った大林山が見えずコンパスまで登場してあれこれ1時間程いたでしょうか。

結局、湯の丸山は時間が無く行けずでしたが素晴らしい眺望と山談義で有意義な山行でした。

余談ですがその夜浅間山が噴火した夢を見たのは私だけでしょうか。。。

楽しい山行ありがとうございました。

1479345942_251.jpg

1479345942_151.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170305 焼岳
- 2017/03/06(Mon) -
メンバー:ゆーき、会員外4名

6:30   中ノ湯
7:15-25 休憩
8:15-30 りんどう平 南峰と北峰のコルへ続くの沢には入らず、尾根沿いに上る
9:25-35 2300地点でアイゼン装着 南南西斜面から回り込む
10:05-15 南峰
11:10-40 りんどう平
13:00  中ノ湯

駐車場は中ノ湯温泉で、一台500円。
事前予約制で、ゲートが閉まっていたら自分で開けるか電話するらしい。

快晴 日中は風弱く快適
樹林帯は凍結のちザラメ雪、森林限界は重いパウダーで、日射と風の影響がある所はクラストしていた。
数日は降雪なくトレースがしっかりしていたので、ワカンは使わなかった。

山頂直下は風が強く、凍っている箇所あり。アイゼンが効いて気持ちいい。
20170305_094130.jpg

20170305_094408.jpg

天気がよくて西穂とか槍とかがよく見えた。
20170305_100729.jpg

下堀沢はメジャーな山スキールートらしい。
コルより下部にはシュプールがいっぱいあった。
中の湯ルートだとりんどう平より下は木と藪と凹凸地形で修業になるので、
山スキーなら上高地方面に下ったほうが良さそう。
20170305_110930.jpg

オープンバーンが多くて、雪の状態が悪いととっても危険。。
雪崩地形の真ん中をトラバースする最低のトレースを作ってしまい、後続(他人)が続々とついてきてしまった。

20170305_084353.jpg

…県連総会へ理事、代議員で行っていただいた方々ありがとうございましたm(u_u)m
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170218 大林山(岩井堂山コース)
- 2017/02/20(Mon) -
メンバー
CL:とく、チャーリー、とがくれりゅうた、会員外1名

記録:チャーリー
天気 曇り→晴れ  気温ー7℃(1000m付近で)

8:20 新山集落P
11:50 九竜山
12:30-13:20 大林山
16:00 新山集落P

登山口を行き過ぎてしまい獣道を・・・途中から本ルートと合流
登山口付近は熊やカモシカの足跡が無数にありました。
気温は低く風が冷たく寒い、標高すら低いが里山とはいえ侮れない。

曇りの天気で山頂の展望をあきらめていたけど山頂についた途端に雲がとれはじめ
晴天になり白銀と里山ブルーを楽しめ無風のまったりな山頂でした。

この時期は雪の里山が楽しくてもっといろいろ探究をしてみたいですね。

楽しい山行ありがとうございました。。。。

<リーダー所感>
スタート地点から鮮明な熊の足跡が無数あり緊張。続いて急峻な凍結箇所を無事通過する。
本ルートの稜線は展望よし。
反射板上部から直登コースを登るが、木々の霧氷の花々が輝き、足の痛みを忘れさせる。
山頂は太陽の柔らかな陽射し、風も止み周囲の展望に感動のひと時を過ごす。
下山は心配した急峻なロープ箇所を無事通過し下山する。参加された皆さん有難う。

1478703539_98.jpg


1478703539_10.jpg


1478703539_177.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ