170218 大林山(岩井堂山コース)
- 2017/02/20(Mon) -
メンバー
CL:とく、チャーリー、とがくれりゅうた、会員外1名

記録:チャーリー
天気 曇り→晴れ  気温ー7℃(1000m付近で)

8:20 新山集落P
11:50 九竜山
12:30-13:20 大林山
16:00 新山集落P

登山口を行き過ぎてしまい獣道を・・・途中から本ルートと合流
登山口付近は熊やカモシカの足跡が無数にありました。
気温は低く風が冷たく寒い、標高すら低いが里山とはいえ侮れない。

曇りの天気で山頂の展望をあきらめていたけど山頂についた途端に雲がとれはじめ
晴天になり白銀と里山ブルーを楽しめ無風のまったりな山頂でした。

この時期は雪の里山が楽しくてもっといろいろ探究をしてみたいですね。

楽しい山行ありがとうございました。。。。

<リーダー所感>
スタート地点から鮮明な熊の足跡が無数あり緊張。続いて急峻な凍結箇所を無事通過する。
本ルートの稜線は展望よし。
反射板上部から直登コースを登るが、木々の霧氷の花々が輝き、足の痛みを忘れさせる。
山頂は太陽の柔らかな陽射し、風も止み周囲の展望に感動のひと時を過ごす。
下山は心配した急峻なロープ箇所を無事通過し下山する。参加された皆さん有難う。

1478703539_98.jpg


1478703539_10.jpg


1478703539_177.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
161126_表妙義
- 2017/01/04(Wed) -
メンバー:CLコゴドン、もぎけん
天気:晴れのち曇り

7:30 妙義神社
8:05 大の字
8:50~9:10 ビビリ岩
     岩に所々氷雪がこびり付いており、足場が滑る。
     小古井さん何とか登りきるも、もぎけん登り切れず撤退。
     一旦引き返し、エスケープルート(タルワキ沢コース)へ廻る。
10:50 タルワキ沢出合
11:30 タルワキ沢のコル
     ここから山頂まで雪あり。アイゼン無しでOK。
11:50~12:10 相馬岳山頂。途中から曇ってくる。
12:50 タルワキ沢出合
13:30 妙義神社

今回予定していた、ビビリ岩~大のぞき方面は諦めて引き返しましたが、
後でここを通った人に聞いたら、やはりビビリ岩以降も雪多く行かない方が良かったとのこと。
撤退で、モチベーションが下がりそうな所でしたが、
タルワキ沢より何とかピークハントは果たすことができました。
ただ、例会山行の下見ということでしたが…これは無しですね。(→蓼科山へ変更だそうです)

尚、今回こんな状態なのでそこまで達しませんでしたが、
鷹戻しは現在、はしごの破損により来年の3月まで通行止めとのことです。

1471534581_137.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
161126_黒斑山
- 2017/01/04(Wed) -
メンバー:CLゆーき、まなべ

記録
815 車坂峠
930-940 槍が鞘
1005 黒斑山
1040-1115 蛇骨岳
1245 車坂峠
雪がさらっさらでした。
ワカンもアイゼンもまだいらない。
トレースはしっかりありました。

あさま2000あいてますね。
早くスキーしたい( *・ω・)

1471259982_203.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
161112 常念岳
- 2017/01/04(Wed) -
メンバー:うま、へい、まっちゃん

5:30 長野
7:00 一ノ沢登山口
10:30 常念小屋
11:45 常念岳山頂
12:50 常念小屋
15:00 一ノ沢登山口

歩き出してしばらくして雪が着きはじめたがアイゼンは付けなかった。
先日の嵐の影響で、倒木や橋の崩壊が数カ所あったが、問題なく通過。
小屋~山頂の往復も吹き溜まりは雪深かったが、アイゼンは付けなかった。

天候に恵まれ、最高の景色が楽しめた。

1470061786_244.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
150927 大滝山(9月例会山行)
- 2015/10/12(Mon) -
CL:もぎけん パーティー4名
記録
5:00 南長野運動公園
6:40 登山口
7:40-45 林道終点 休憩
8:40-8:50 休憩
9:10 鍋冠山
9:50-10:00 休憩
10:45-10:55 休憩
11:10 大滝山北峰
11:17 大滝山南峰
-11:50 大滝山荘で休憩
13:30-45 鍋冠山 休憩
14:40-50 林道終点 休憩
15:25 登山口到着

スカイラインは堀金の方からあがる。ほりでーゆーからの道らしきものはなかった。
距離は長いがアップダウンはあまりなくて登った!というより歩いた!という感じ。4万歩、ホントによく歩きました。
危険箇所なし。人がいない(すれ違ったのは単独行動のおじさん1人)わりに良く整備されていて歩きやすかった。ぐちゃぐちゃの所もあったけど。
大滝山荘はシルバーウィークで営業終了していましたが、たまたま管理人さんが掃除していて大滝山のバッジ買えました。

天気がイマイチだったので眺望は期待していませんでしたが、雲の切れ間に北穂や槍がみえました!
やっぱりかっこいいなぁ。
また、リーダーからのメロンの差し入れ美味しかったです(*´ω`*)期待を裏切らないですね。
北アルプスとは思えないほど静かな山歩きで、思いのほか楽しかったです。自分ではなかなか行こうと思わない渋さがまたいい味で(笑)
リーダー、お疲れ様でした

ootaki01.jpg

ootaki02.jpg

ootaki03.jpg

この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ