170624 鳥甲山
- 2017/06/25(Sun) -
メンバー:CLへい ゆーき
天気:10時ごろまで晴れ、のちに曇り

7:00 登山口
7:30-40 休憩
8:55-9:05 休憩
9:25 白嵓の頭
10:00-10:10 休憩
10:30-50 鳥甲山山頂
12:05 1452.8ピーク
12:20-35 休憩
13:15 屋敷地区の林道にでる
13:30 登山口

鳥甲山は登りも下りもずっと急斜面で、
数m程度の岩場や崩落真っ只中の痩せ尾根があります。
がっちり鎖がついているので特に難しいところはありません。

1490345173_196.jpg

ピークの展望は微妙。
何も見えなくはないけど、ちょっと藪っぽい。

そして最後1時間半の林道歩きのはずが、
歩きだして間もなく地元の方に声をかけられ、
駐車場までのせていただきました(*^_^*)
切明温泉\500で入浴後、へいさん自転車コースの説明を受けながら帰路へ。

登山道上だけでも上物のネマガリがわんさか。
歩きながらさっと採ってザックの横ポケットへ。

1490345341_148.jpg

他にもアマドコロ?ユキザサ?ホウチャクソウ?の群生(採らなかったけど)
シラネアオイ、イワカガミ、あと名前がわからない花たちが咲いていました。

思った以上に暑かった~
水を1.5ℓ持って行き、ほぼ飲み切りました。
この間までスキーしてたのにあっという間に夏山ですねぇ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170514 鍋倉山(県連春の交流山行)
- 2017/05/15(Mon) -
メンバー:にしやん、なかまゆ、記録れいこ
晴れ

8:50 出発
10:15 黒倉山と鍋倉山のコル
10:30 鍋倉山頂上
11:30 昼休憩の後、出発
11:45 黒倉山頂上
13:15 下山

長野、中野、大町、佐久からの参加で総勢約30名で山行しました。
お天気も良く、青空と雪とブナ林の緑のコントラストがすごく綺麗でした。
残雪の中、途中ぱっくりあいた穴に慄きつつ、順調に頂上へ。
鍋倉山での眺望も素晴らしく、遠く日本海まで見えました( ´ ▽ ` )
下山は、黒倉山からの稜線歩きも盛り込まれ、とても素敵な山行でした。
ありがとうございました(*^^*)


1486560637_191.jpg

1486522003_50.jpg

1486522003_175.jpg

1486560637_218.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170506 西上州 烏帽子岳
- 2017/05/15(Mon) -
CL:もぎけん
天気:晴れ後曇り

8:35 天狗岩登山口
8:50 廃小屋
9:10 天狗岩
   ~岩稜ルートを経て山頂へ~
10:40 烏帽子岳山頂
   ~横道ルートを経て下山~
11:55 廃小屋
12:05 天狗岩登山口

登りの岩稜ルートは、所々危ない岩場があったものの、
慎重に渡れば特に問題はありませんでした。
また、山頂に至るまで、妙義山~浅間山方面の景色を臨み、
山中にはアカヤシオがピンクに咲き乱れてました。
山頂にて、雨がポツポツと当たり始めたため、
横道ルートを使って急いで下山しましたが、
本降りになる前に登山口に辿り着きました。

52332042_2253568033_193large.jpg


52332042_2253568039_72large.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170502-03 玉山(台湾)
- 2017/05/09(Tue) -
メンバー:なみ、ゆーき

観光つきのトレッキングツアー参加してきました。

20170509_005909.jpg


5/1
9:30成田→(飛行機)→12:00桃園空港→(チャーターバス)→19:00阿里山 櫻山ホテル

5/2
6:00 近所の食堂でおかゆの朝食
7:30  阿里山
8:00  駐車場(ラストトイレ)
8:20  徒歩5分 排雲管理站で入山手続 パスポート確認
8:45  塔塔伽鞍部 登山口 までハイエース的な車で移動
15:00  排雲山荘
17:00 夕食
20:00 消灯

DSC02792.jpg
ツアー会社手配のランチ(阿里山のセブン特性)

20170502_100927.jpg
登山途中に2か所トイレあり。ただしきれいではない。。

DSC02799.jpg
いい感じのスラブにちょっと興奮ww

5/3
1:30  起床
2:00 おかゆの朝食
2:30 出発
5:00-30   玉山山頂
7:20 排雲山荘
7:45 温麺の朝食2
8:10 出発
12:30 登山口
登山口から車で10分のレストランで食事
台中に移動(3時間)してホテルに宿泊

DSC02801.jpg
食堂はこんな感じ。手前の銀色タンクにはたっぷりのお湯。

DSC02837.jpg

DSC02845.jpg
山頂でご来光と雲海を満喫。
諦めていた天気が好転しました\(^o^)/

5/4
台中→台北にバス移動
途中で皇池という温泉にたちよる
午後は普通に竜山寺やお土産屋さんなどの観光

DSC02867.jpg
このあとさらに4皿くらいでてきました。
量的には毎食こんな感じ。
全部おいしくて、毎回おなか一杯食べてしまい後悔・・・(カロリー)

5/5
午前中は博物館など観光
昼食に金品茶楼で小龍包などをたべて帰国
(私たちは2日延泊して自由行動)

20170505_120129.jpg
いっぱい歩いたのにデブになって帰国。

登山そのものは上高地入りの涸沢泊、北穂ピストン×0.8した感じでしょうか。
高山病にさえならなければ比較的楽なコースだと思います。
天気に恵まれ、最高の景色を満喫することが出来ました。

ツアーということで高くついてしまいましたが、
・平日限定外国人特別枠があるので玉山入山の抽選にあたりやすい
・外れたら支払いしなくていい
(抽選に外れたけど航空チケットがキャンセルできず、3年連続台湾という日本人に会った)
・いいガイドがつく?
・登山口までの移動手段を気にしなくていい
・人気のレストランで行列に並ばずに食事ができる
・日本人好みの場所に効率よく連れて行ってくれる
・ツアー仲間とのふれあい
メリットが多かったので総合的に正解だったと思います。
ただし天気が悪くても山荘までは行くみたいなのでそこは融通ききませんが・・・

1週間の非日常でリフレッシュできました!
また仕事がんばろ(*^ ^*)
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170504 唐松岳
- 2017/05/09(Tue) -
CL:なかまゆ
記録:チャーリー

8:40 八方山荘
9:20 八方池
11:40 唐松岳頂上山荘付近
12:00-12:50 山頂
14:30 八方山荘

駐車場は多府県ナンバーの車ばかり。
さすがの連休でゴンドラは混雑していて並ぶこと40分待ち
スキーヤーも多く半数以上。登山者も多く視界にはずっと登山者がいた。
ほとんどアイゼンは付けずに山頂直下のみ使った。

晴天で残雪の山々、景色に感動!
なんてすばらしい景色。贅沢な山行・・今日来れたことに感謝。。。

1485870888_143.jpg

1485870888_170.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ