180212 霧訪山
- 2018/02/18(Sun) -
CLなみ、とく、もぎけん、かとう、おかと、USK、記録れいこ

8:00 長野市出発
9:20 小坂田公園(kto夫婦と合流)
10:20 かっとりコース登山口(小野) 出発
11:00 避難小屋
11:30 山頂
12:00 避難小屋で昼食(おいしいおいしい すいとん)
13:40 登山口

登山口駐車スペースには私たち以外1台程度。
さすが地元民に愛される山、登山口には木の杖が常備されてました。
雪は思ったより少なく、ワカン使用せずに下りのアイゼン装着のみで行けました。
昼食はナミさんお手製のすいとんで心も体も温まり、帰りはずんずん歩けました♪( ´▽`)オイシカッタ。。。
今年初の山行、堪能しました( ^ω^ )
皆さま、ありがとうございました。また行きましょう!



あいにくの天気で、山頂の南•北•中ア等をギッシリ示す展望案内盤で今回は納得する。
昼食は中腹のトタン板の三角避難小屋で
なみさん準備の暖かいスイトン汁
れいこさん手作りバレンタインチョチョコ
各自提供戴いた菓子で、楽しい一時を過ごす。

登山道は急斜面尾根だが、小野神社の山道と共に、
両側が松茸林と送電線巡視路でもあり気持ち良く歩けました。


1509005723_65.jpg

1509005723_127.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 一般道 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
180120 神奈山スキー
- 2018/01/22(Mon) -
Lゆーき、コゴドン、ナベブタ、へい、記録にしやん

8:10 国民休暇村駐車場発
9:10 藤巻尾根
11:00 1535m地点
11:20 滝ノ沢1250m
12:00 尾根に登り返して合流
12:50 駐車場着

先行者一名あったが出会うことなし。
橋をわたって藤巻尾根までは急斜面をのぼる。
雨でしまった雪の上にさらさらの新雪数cmで滑りやすく、小古井さんのスキーアイゼンがうらやましい。

藤巻尾根はブナの疎林をのんびりと登る。
林をぬけて尾根上の広くなったところで休憩、
尾根が急傾斜になる所(1535m)までのぼって滑走準備。

北斜面の沢(滝ノ沢)に滑り込んで1250mまで下降して登り返し。
二人(ゆーき、なべぶた)は沢にそった尾根上を滑走、尾根で合流。
藤巻尾根までトラバース、気温もあがり昼頃には雪は重くなった。
藤巻尾根の最後はぐずぐず雪の急斜面を橋まで下降。

天気がよく3月のような気候で、まったりした神奈山を楽しんできました。

1507207365_172.jpg
無風快晴

1507207365_191.jpg
コゴドンのトレースだけなんかおかしい

1507291130_189.jpg
雨縫濡れたカリカリバーンに10cmの新雪
場所によっては楽しかったです

1507225612_8.jpg
パウダーないと思ってコンビニで買ってきた

1507291130_211.jpg
北面はかりんかりんだったらしい><

1507225612_128.jpg
ミサ食堂の味噌ラーメンは超にんにく、たっぷり玉ねぎ。
お土産に買ったキムチも昆布だしがきいておいしかった!
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
171118 米山
- 2017/11/24(Fri) -
CL:とく、もぎけん、mkuma夫婦、usk、記録れいこ

曇りのち雨
6:00 東長野運動公園集合
8:10下牧登山口到着(新潟組と合流)
8:40下牧登山口出発
9:45三十三観音
10:30女しらば超えてくさり場
11:10山頂
12:05下山開始
13:45下牧登山口

元小学校だったという登山口駐車場。
広くてきれいな休憩室完備(トイレあり、着替えスペースあり)で使い勝手がまことに◎

三十三観音すぎたあたりから積雪量がどんどん増え、足首まで埋まるほど。。。
予想外の展開あせあせ(飛び散る汗)1000m弱でも立派な雪山でした(。-_-。)
山頂まじかで雨足が強まり、下山はずっと雨でした。

米山はかなり整備されていて、屋根付きの避難小屋が山頂と女しらばに設置されており環境はとても良い山でした。
そして標高が低い割には、登り甲斐のあるお山でした。
雨の中の山行という貴重な体験(笑)もでき、今年初雪山体験もし、なんだかんだ楽しかったです。
リーダーのとくさん、いつも綿密な計画&情報収集、ありがとうございます(*^^*)
そしてみなさんお疲れ様でした!

1502863346_244.jpg

1502911720_207.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
171103-4鶏冠山~池口岳(深南部)
- 2017/11/24(Fri) -
CL:谷内さん、高橋さん、原さん(しらびそ山の会)、ゆーき

記録
11/3 晴れ
7:20 駐車スペース
8:00 登山道とりつき
9:10 シャクナゲ沢(最後の水場)
10:45 尾根に乗り上げる
14:20 鶏冠山北峰
14:50 笹平のテン場

11/4 曇り
4:00 起床
5:20 行動開始
7:30 池口岳
10:25 黒薙
13:15 駐車場

しらびそ山の会の山行にお邪魔してきました。
マイナーすぎてコースタイム付き地図がないのでアプリ(YAMAP)が便利でした。

駐車場から登山口に取りつくまでは沢の左岸を歩きます。
途中2か所(コンクリの階段を下った先、登山口直下)靴を脱いで渡渉しました。
登山口は堰堤を乗り越えて数分のところにあります。

登山口~尾根までは手を付きたくなるほどの超急登。
下りで使うには厳しいかもしれません。
道が不明瞭なのでとにかく尾根を目指して、尾根沿いに歩きます。
展望はなし。紅葉は登山口付近がピークで、途中からはただひたすらスネの高さの笹薮漕ぎでした。
山頂もパッとしなすぎて通り過ぎそうになり…

水場がよくわからなかったので、炊事用の水を各自2リットル(谷内さんは4リットル)担ぎ上げました。
テンバは笹平に散在していました。池口岳北峰頂上でも張れなくはない感じ。
料理男子と若い女子に囲まれたテン泊は快適そのものでした。

池口岳北峰以降の道は良く踏まれていて歩きやすかったです。
テント晴れそうなポイントが30分ごとにある感じ。
水場が一番の問題かな。
光岳方面に行くパーティもちらほら。ちょっとうらやましい。

なかなか自分じゃ企画しない深南部、静かな山でした。
天気と紅葉とおいしい食事ありがとうございました。

RIMG0008.jpg

RIMG0016.jpg

RIMG0024.jpg



この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
171030  台風一過の櫛形山
- 2017/11/01(Wed) -
CL:とく USK 記録:チャーリー

天気:快晴 
見晴らし平P・登山口  9:00
アヤメ平  11:10
裸山 12:00
櫛形山 12:50
見晴らし平P・登山口  16:00

見晴らし平Pまでの林道で前日小熊らしき動物が後ろ片脚を引きずっていたのをみたとの
情報もいただきクマさんも冬眠に向けて忙しいんでしょうね~。

トレッキング遊歩道がほぼ全域に整備されており歩道周囲はうるさい藪など無く
見通しがよく快適な道でした。
アヤメ平までは紅葉真っ盛りですっかり癒されアヤメ平の避難小屋も祠頭の小屋も
とても綺麗で整備されており一度泊まってみたいと思いました。
裸山からみる白根三山はやはり魅了されてしまいました。。
櫛形山山頂が寒く気温は5.2℃、、、寒かったなあ。。。

超忙しいなかの山行にリフレッシュできました、ありがとうございました、謝謝。

1501410464_92.jpg

1501404196_180.jpg

1501404196_144.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ