スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
160410 大町運動公園(クライミング訓練)
- 2016/04/11(Mon) -
2016年4月10日(日)

大町運動公園(人口壁)

天気:?

メンバー:CLさく、へい、あわきち、ナミ、ハウルの動くUK

クライミング訓練

人口壁1
人口壁2
人口壁3
人口壁4
人口壁5
人口壁6



スポンサーサイト
この記事のURL | 訓練・勉強会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
160409鍋倉山スキー
- 2016/04/10(Sun) -
2016年4月9日(土)

鍋倉山スキー

天気:晴天

メンバー:CLコゴドン

感想:
鍋倉スキー下山しました。
この1週間で西の沢駐車場まで一気に除雪してあり、車両通行止め区間は個人小屋上まで歩いて往復しました。
鍋倉は新緑と残雪の山歩きシーズン到来です。

160409こごどん鍋倉写真
この記事のURL | スキー&スノーボード | CM(0) | TB(0) | ▲ top
160403例会山行・鍋倉山(スキー・歩き)
- 2016/04/05(Tue) -
4月例会山行
茶屋池~黒倉山~鍋倉山 (スキー・歩き)

メンバー:CLまっちゃん、SLコゴドン、親分、とく、ぐり、へい、番長、ハウルの動くUK、もぎけん、ジャック(スキー隊8人、歩き隊2人)

天気:曇り時々晴れ

温井発→茶屋池発→黒倉山発→鍋倉山発→温井着

総勢10人の大所帯で楽しかったれすwwwww




この記事のURL | スキー&スノーボード | CM(0) | TB(0) | ▲ top
150927 大滝山(9月例会山行)
- 2015/10/12(Mon) -
CL:もぎけん パーティー4名
記録
5:00 南長野運動公園
6:40 登山口
7:40-45 林道終点 休憩
8:40-8:50 休憩
9:10 鍋冠山
9:50-10:00 休憩
10:45-10:55 休憩
11:10 大滝山北峰
11:17 大滝山南峰
-11:50 大滝山荘で休憩
13:30-45 鍋冠山 休憩
14:40-50 林道終点 休憩
15:25 登山口到着

スカイラインは堀金の方からあがる。ほりでーゆーからの道らしきものはなかった。
距離は長いがアップダウンはあまりなくて登った!というより歩いた!という感じ。4万歩、ホントによく歩きました。
危険箇所なし。人がいない(すれ違ったのは単独行動のおじさん1人)わりに良く整備されていて歩きやすかった。ぐちゃぐちゃの所もあったけど。
大滝山荘はシルバーウィークで営業終了していましたが、たまたま管理人さんが掃除していて大滝山のバッジ買えました。

天気がイマイチだったので眺望は期待していませんでしたが、雲の切れ間に北穂や槍がみえました!
やっぱりかっこいいなぁ。
また、リーダーからのメロンの差し入れ美味しかったです(*´ω`*)期待を裏切らないですね。
北アルプスとは思えないほど静かな山歩きで、思いのほか楽しかったです。自分ではなかなか行こうと思わない渋さがまたいい味で(笑)
リーダー、お疲れ様でした

ootaki01.jpg

ootaki02.jpg

ootaki03.jpg

この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
150920 槍ヶ岳 北鎌尾根
- 2015/10/12(Mon) -
【記録】
9/20
松代PA集結(3:20)-沢渡BT発(5:20)-上高地BT発(6:10)-徳沢(8:00)-横尾(9:00)
ババ平11:00)-大曲(11:30)-水俣乗越(12:20)-北鎌沢出合着(13:40)
9/21
起床(3:00)-行動開始(4:40)-北鎌稜線(6:35)-独標(8:40)-北鎌平(11:10)-穂先(12:00)-
肩の小屋着(12:30)-ババ平着(15:05)
9/22
起床(5:00)-行動開始(6:40)-横尾(7:50)-徳沢(8:45)-河童橋(10:00)-沢度BT(10:40)

1日目
水俣乗越からの下り始めは、急な上に足元の土砂がどんどん崩れ、下の人がいたため非常に歩きずらかったのですが、人がたくさんいたため、迷わずに北鎌沢出合にたどり着きました。出合はテント30張以上、100人近い人がいました。北鎌沢はきれいな水が豊富で、砂の平地もあり、とても居心地の良いテン場になっていました。
2日目
渋滞に巻き込まれないように暗いうちに出発。北鎌沢を右へ右へと登り、最後の草地を踏み跡を辿って左に上がり、北鎌のコルより先の稜線上に出ました。北鎌沢上部から、ほとんどが登山道のようになっており、どこまでいっても誰かがいたたいめ、ほとんど迷いませんでした。基本的に人の歩いた跡を辿りましたが、稜線の下のほうを巻いている道も多く、基本的に稜線上を歩くという会長のアドバイス従って、離れそうなときは岩場を登って稜線へ戻りながら進みました。独標を右に巻いて途中から頂上へ登ると、槍ヶ岳がそびえたつのが見え、感動的でした。岩場はロープを出す必要もなく登れましたが、続々と後ろから人が登ってくるので、絶対に落石できない状況もあり、非常に気を使いました。ざれた岩場もあまり歩きなれていないため、苦戦しましたが、青空の下、とても楽しく歩けました。最後の槍の基部あたりバテ気味になりましたが、無事に穂先へとたどり着きました。頂上は混雑していましたが、運良く30分くらいで下りてくることができたため、予定を変更してババ平まで下りてきました。
3日目
帰りの渋滞に巻き込まれないようにちゃっちゃと歩いて10時に河童橋にたどり着きました。
3日間天候にもテン場にも恵まれ、ものすごい混雑もうまくすり抜け、とても運が良かったです。あまりにも人が多くてバリエーションらしさがほとんどありませんでしたが、念願の北鎌は景色も最高で、体力的にきつい部分もありましたが、充実感のあるとても楽しいルートでした。思い切って提案して本当に良かったです。経験者お二人がいたからこそ実現できた山行です。コゴドンさん、マル山さん、ありがとうございました。no.15さん、情報提供、アドバイスありがとうございました。

kitakama01.jpg

kitakama03.jpg

kitakama02.jpg
この記事のURL | アルパイン・クライミング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。