170806 針ノ木岳
- 2017/08/11(Fri) -
CL:なかまゆ、チャーリー、記録:れいこ
天気 曇りときどき晴れ

6:20 扇沢
7:40 大沢小屋(手前でちょっと休憩)
8:00 雪渓登り始め
9:20 雪渓終わり
10:10 針ノ木小屋(休憩)
11:40 針ノ木山頂
12:50 針ノ木小屋
16:00 扇沢

長野から扇沢までの道中は降ったりやんだりのいやらしい天気。
天気予報と全然違うじゃーーん(´・_・`)と思いつつ、リーダーの「大丈夫」を信じて扇沢まで。
結局、登り始めこそ若干降られたものの最後までカッパの出番はありませんでした(^^)
蒸し暑い下界とは雲泥の差の雪渓、鮮やかな花々と雲のスキマの青空と山の緑、大汗かいて気分も体もすっきりな山行でした。
リーダー、お疲れさまでした!&ありがとうございました(*^^*)

1494437073_26.jpg

1494329195_171.jpg

1494329195_78.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170806 大源太川 北沢本谷
- 2017/08/06(Sun) -
CLへい、コゴドン、記録にしやん
天気 曇り一時晴れ、下山後雷雨

7:30 駐車場
8:10 入渓
9:00 七つ小屋裏沢出合
9:30 F310mナメ滝
9:40 F420m滝
10:30 F6チムニー滝
11:10 スラブ
11:30 登山道
11:50-12:20 大源太山山頂
14:10 駐車場

駐車場には数台の車あり、20分ほど登山道を歩いて入渓、小滝をいくつか越え、2-3カ所でロープ使用。
七つ小屋裏沢出合までに先行していた3人パーティを抜く。
10mナメ滝は水流の左を登る。20m滝は水流右のリッジを登り灌木帯に(ロープ)、チムニー滝も右を巻いた。
上部で水はきれスラブ状となり、最後は30mくらいのササの藪漕ぎで山頂から七つ小屋山に向かう登山道にでた。
中高年女性3人とすれ違い、急な登山道をすこし登って山頂着、山頂に他の登山者2名。
大休止と靴履き替え。これまた急な登山道を下って駐車場着。
いつもの岩の湯で汗を流していると激しい雷雨となった。

ガイドには初心者向けとあり帰りも短め、大巻きもなくて日帰りの沢を楽しめました。
でも、今年最初の沢登りのためか、普段の運動不足のためか、けっこうくたびれました。
リーダーありがとうございました。お疲れさまでした。

1494149407_219.jpg

1494149407_63.jpg
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170806 鹿曲川
- 2017/08/06(Sun) -
CL:しらびそのTさん、会員外3名、ゆーき

7:15 大河原峠に車デポ
7:30 林道終点
7:50 入渓
8:35-55 5m滝(ロープ)
9:10-25 登らなくていい滝(巻いてトップロープ)
11:05-12:05 ソーメン滝でソーメン休憩
12:50 林道

・大滝の高まきは左岸の崩れ落ちた旧遊歩道からまく(ロープだした)
・ソーメン滝からは荒廃して踏み跡が不明瞭な遊歩道を歩く

ガバがなくて壁を突っ張って登る滝、
フリクションがよく効いて気持ちのいい滝、
最後がヌルヌルでホールドがない5m滝(リードじゃなくてよかった^^;)など
ナメと小滝が連続していて、小ぶりながらも楽しい沢でした。

両岸が草付の泥壁で、足元がしっかりしない上にホールドもないのでかなりロープ使いました。
40m以上を持って行った方がいいかな。。。

ソーメンおいしかったです。
5人で10束、あっという間になくなりました\(^o^)/

無題
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170730 馬の背ヒュッテでお手伝い
- 2017/08/06(Sun) -
CL:ゆーき

7/29(土)
にわか雨、曇り、一瞬だけ晴れて夜からどしゃ降り。。
6:05 仙流荘
7:00 北沢峠
8:50 小仙丈
9:40-50 仙丈ヶ岳
10:40 馬の背ヒュッテ

7/30 (日)
曇り時々晴れ
8:20 馬の背ヒュッテ
9:20-40 大平山荘でコーヒー
10:00 北沢峠

休日出勤になりそうでしたが気合いで回避して、山小屋に出勤してきました。
皿洗い、夕食の仕込み、配膳、部屋の掃除をお手伝い。
スタッフの勤務時間は4時から21時まで。
…ブラック企業です(´・ω・`)

体調も天気もイマイチでスタート。
小屋と山頂の分岐についたら晴れてしまったので、惰性でピークハントしてきました。

馬の背ヒュッテは生ビール、プレモル、信州に乾杯、水曜日のネコ(よなよなエールと同じメーカー)
そしてナイスな銘柄の日本酒、五一ワインなどの品揃え。
女将が無類の酒好きだそうで。
話が合い、すぐに仲良くなれました(笑)

今度は閑散期に飲みに行きたいな。

1493527589_30.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
170717 小同心クラック
- 2017/07/20(Thu) -
メンバー
CL:コゴドン 記録:はやし れいこ

7:10 赤岳山荘
7:40-9:00 赤岳鉱泉
10:20 小同心基部
13:00-13:40 横岳
15:00 赤岳鉱泉
16:10 赤岳山荘

今回は、私からリーダーに頼んで岩登りのリードとロープの練習の為に連れてきてもらった。
リードも初めてなら、2人を引き上げるのも初めて。
一番心配だったのは支点作りとロープさばき。
今回は4Pあり、オールリードで登ったので反復練習が出来、
後半は少しづつ要領も掴んでスムーズに出来るようになった。
折角覚えてきたので間を置かずに年内にもう一度岩に行ってみたい。

3年振りの岩だだったので、1P目はさすがに緊張したが、
2P目以降は段々と楽しみながら登れるようになり、3P目はチャレンジもできた。
ホールドはガバが多いものの抜けそうでなかなか体重をかけられず慎重になってしまった。

反省点として、言い出しっぺにもかかわらずロープ50mところを、間違えて30mを持ってきてしまい大ヒンシュク。
CLが機転を利かし1P目を途中で切って変則的なピッチを組み立ててくれた。
今回はCLが熟知したルートだったために大事には至らなかったが、
未知のルートであればだ致命的なミスに繋がったかもしれない。大反省でした。

新人のれいこさんは騙された挙句にクライミングシューズまで買う羽目に。
前日は緊張の為に眠れなかったようだったが、登ってみれば満面の笑顔。
この先が楽しみです。

リーダー、本当にありがとうございました。
また次回もよろしくお願いします。

1492441271_171.jpg

23934353_2259884764_134large.jpg
この記事のURL | クライミング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ