180602-03 錫杖 左方カンテ 3ルンゼ
- 2018/06/10(Sun) -
メンバー:korhnd、会員外3名

1日目
7:00 槍見駐車場
8:30 錫杖沢出合テント幕営
10:00 左方カンテ登攀開始
14:00 終了 休憩
16:30 テント場

2日目
5:00 テント場出発
6:30 3ルンゼ登攀開始
13:00 コル到着
14:30 テント場帰着 休憩 撤収
16:30 槍見駐車場

左方カンテは四人2パーティにて登攀。
1日目ペアの相手は11クライマーなので1・3ピッチのみリードでセカンドでラクラク楽しませていただきました。
当初の計画は烏帽子山頂まででしたが、計画リーダーが行けなくなったため、
錫杖出合で幕営して荷物を軽くしクライミングを楽しもうと計画変更になりました。
核心は注文取付きに下山時。
残雪があり、雪の上に乗ったら崩落しました。
本当は次の日見張り塔の予定でしたが、このため中止に。

次の日は別パーティは注文と、ペアを変えて私は3ルンゼへ。
去年アブミ無しで敗退したのでリベンジのペアです。
ルンゼの中は寒く日向がないので夏向きかもしれません。
核心のアブミルートで既存のハーケンにかけたアブミに体重移動した際岩ごと落ち、
ペア相手が半グランドフォール。ビレイに気を遣っていたものの、防げなかったことに反省。
ってか岩ごと剥がれるって怖い!
ビビりまくった私は敗退を提案しますが、もう一度敗退はあり得ないのか登攀継続。
チョックストーン登攀完了時は本当に嬉しかったです。
その後はコルを抜け懸垂、残雪トラバース、下降路。
下山ルートが実は一番不明だったので不安でしたが難なく降りて来れました。
宿題を一つ片付けられて大満足の3ルンゼでした。
でもリードはまだまだ難しいです。
特に3ルンゼは支点が全て怪しく、下山の懸垂も冷や汗ものでした。

1517296695_27.jpg

1517296695_103.jpg

1517296695_204.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | クライミング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
180603 稲子岳南壁
- 2018/06/10(Sun) -
メンバー:コゴドン、KAZU

0718 稲子湯上駐車場
0816 みどり池
0911 稲子岳南壁左カンテ基部
1046 登攀終了点
1253 稲子湯上駐車場

全5ピッチ。
先行パーティーが1組(3人)いましたが、2ピッチ目終了点で先を譲ってもらいました。
快晴の中、気持ち良く登ることが出来ました。

1517196468_215.jpg
この記事のURL | クライミング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
180512 西穂高岳
- 2018/05/13(Sun) -
CLコゴドン、さきたま、記録KAZU

9:02 西穂高口駅
11:56 西穂高岳山頂
14:43 西穂高口駅

例年より雪どけが早く、アイゼン、ピッケル無しで心地良い風が吹く中、快適な山行でした。
ハイライトは山荘以降の下山時のコゴドン&さきたまさんのグリセイドのデッドヒート。
山男達の底無しの体力を垣間見れました(と言っても自分は最序盤で脱落)

1515507420_213.jpg
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
180505 五龍岳
- 2018/05/07(Mon) -
メンバー:CLコゴドン、記録Kazu

5/5
08:28 テレキャビン
12:26 大遠見周辺テン泊(強風の為)

5/6
06:15 大遠見周辺
08:13 五竜岳頂上
12:47 テレキャビン

初日はなかなかの強風で唐松縦走は叶いませんでしたが、
2日目は風も穏やかになり、
五竜山荘から頂上までも例年より雪が少なかったとの事で、
先生に残雪期のテン泊や雪上歩行のイロハを教えて頂いたお陰で、
無事に戻って来る事が出来ました。

1515049997_250.jpg
この記事のURL | バリエーション | CM(0) | TB(0) | ▲ top
180503 乾徳山&180504 鶏冠山
- 2018/05/07(Mon) -
メンバー:Kazu

2018/5/3
06:58 乾徳山登山口
07:35 道満山
09:40 乾徳山山頂
10:56 国師ヶ原十字路(迂回下山道経由)
12:07 乾徳山登山口

連休の機会を利用して、折角なら遠方の山梨の岩山を!と思い選びました。
眺望は初めから望むべくもありませんでしたが、頂上周辺の岩がちな感じは面白かったです。
マイナスイオンをたっぷりと浴びられた良き山行でした。
今度は晴れの日に!


2018/5/4
04:27 西沢渓谷入口
08:23 鶏冠山山頂
11:47 西沢渓谷入口

ネットの情報通り、テープが所々ありました。
面白味に欠ける鬱蒼とした樹林帯が長く続きましたが、
乾徳山以上に頂上周辺の岩場は面白かったです。
核心部?は最初と最後の渡渉でした。
この記事のURL | 一般道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ